ゲストさん ログイン  ログアウト 登録
2015学習記録
宇宙人のいる教室(さとうまきこ フォア文庫)<小3~小6向き>

  1. 指定の図書をひととおり読み終えましょう。
  2. 作文ノート、又は、作文用紙を用意しましょう。
  3. 予習シートをプリントアウトし、似た話や感想を、お母さんお父さんと相談しながら書いておきます。
  4. 次の授業に学習する予定の範囲を当日までに学習記録に入れておいてください。
    学習記録は、オンラインクラス一覧表の自分の名前をクリックすると表示されます。
    記録の仕方は、「1回目の400字」「2回目の400字」「3回目の400字」などという形です。
  5. 1回目は、最初の400字を書きます。
    字数配分の目安は、本の引用100字、似た話200字以上、感想100字です。
  6. 書いている途中に、先生が個別アドバイスを行います。
    個別アドバイスの内容は、予習シートの確認と、生徒からの質問相談の受付です。
  7. 2回目も、同じように次の400字を書きます。
  8. 3回目は、最後の400字を書きます。
    最後の400字の感想は、この本全体の感想を書いてください。
  9. 以上、3回の授業で合計1200字の感想文の下書きができます。
    この下書きをつなげて、家庭で全体の清書をすれば感想文が完成します。
  10. 清書をする前に、家庭で次のようなところに赤ペンを入れておくと書きやすくなります。
    (1)最初の書き出しの部分がスムーズになるようにする。
    (2)1枚目と2枚目と3枚目の間がスムーズにつながるようにする。
    (3)最後の感想は、その本全体のテーマに関連させて、大きい感想としてまとめる(ここが重要です)。
    ※感想文の清書の指導は、担当の先生は行いません。


「宇宙人のいる教室」の感想文予習シート
 本を読んだあと、似た話を考え、お父さんやお母さんにも取材し、▼の部分にメモを書いて来ましょう。
 メモを書くところは、予習シートにかぎらず、本のどの部分を選んでもかまいません。自由にメモをしてきてください。



■あらすじ
 テツヤのクラスに、星レオナという風変わりな転校生がやってきた。
 レオナは、一歩一歩重そうにのろのろと足を引きずって歩き、鉄棒もできない。
 矢田というクラスのいじめっ子は、早速、レオナをいじめ始める。
 レオナは、やられたらやられっぱなしで、やり返すことも言い返すこともできない。
 レオナには奇妙なことが多いため、テツヤはレオナは宇宙人ではないかと疑う。
 テツヤは、レオナのことを調べているうちに、レオナとなかよしになっていく。
 自然が好きなレオナの影響で、テツヤも自然と触れ合うことの素晴らしさに気づく。
 テツヤとレオナは親友となり、言葉を交わさなくても心が通じ合う仲になった。
 ある晩、テツヤは、レオナの生まれた星の夢を見る。
 翌日、テツヤは、レオナが転校したことを知らされる。

□本の引用(1)
 クラスでいちばん大きくてすぐ暴力をふるう矢田は、転校してきたレオナを見ると、「あしたからおもしろくなるぞ。ちょうどいいや。ホリキンをいじめるのもそろそろあきてきたしな」と言いました。(P11-12)
 レオナは動作が遅いので、転校してきてすぐに、矢田たちからいじめられるようになりました。
▼似た話(1)
 四年生になったとき、私のクラスに転校生が来ましたた。クラスのみんなは、……


 私の母は、小学校のとき、転校したことがあるそうです。新しい学校では……


□本の引用(2)
 五月のマラソン大会を前にして、先生はレオナに、見学をすすめましたが、レオナは最後まで走りたいと言いました。
 そして、マラソン大会の当日、テツヤは、歩くようなレオナのペースに合わせてゆっくり走り、二人はみんなからかなり遅れて一緒にゴールしました。
 そのとき、いっせいに拍手してくれたみんなの中に、いつもレオナをいじめていた矢田たちもいました。(P100-109)
▼似た話(2)
 私の学校でも、毎年冬にマラソン大会があります。私は走るのが得意ですが、なかよしのSちゃんはマラソンが苦手です。だから、私は、……





□本の引用(3)
 夏休みの最後の日、テツヤは夢を見ました。それは、レオナの生まれた星で、赤い砂丘が続き、暗い空からはいなずまが光り、草は一本も生えていない星でした。
 レオナは、まっ暗な空をあおいで言いました。
「地球へいって、はじめて青空を見た時、花を見た時、ぼくはこんなに美しいものがこの世にあるだろうかと思った。……それなのに、きみたちは、少しもありがたいと思わないんだからなあ。」(P125-130)
▼似た話(2)
 私は、この前、飛行機に乗って、祖父の住む福岡に行きました。飛行機からは、青い海やきれいな緑が見えました。そのとき、昔、父に教えてもらった「地球は青かった」というガガーリンの言葉を思い出しました。……


▼想像した話
 もし、私たちがレオナの星に住むことになったら……。




▼全体の感想
 私は、この本を読んで、いじめの問題が後を絶たないのは、私たちが地球という恵まれた星に暮らしていることに感謝する気持ちを忘れてしまっているからではないかと思いました。
 私たちは……。




▼その他の自由なメモ







宇宙人のいる教室(フォア文庫 市販品594円)  教材注文のページ(市販の図書は書店でご自分でご注文ください)   (個別編集340) (一括編集yyksut3456)

言葉の森