ゲストさん ログイン  ログアウト 登録
2015学習記録

  1. ノートを1冊用意しましょう。
    縦書きにも横書きにも使える10mm方眼罫がおすすめですが、どのような罫線でもかまいません。
    他の教科と併用してもかまいません。
  2. 次の授業に学習する予定のページ(又は範囲)を当日までに学習記録に入れておいてください。
    学習記録は、オンラインクラス一覧表の自分の名前をクリックすると表示されます。
  3. ノートは字数を数えやすくするために、10mm方眼の場合は、縦1列が22マスありますから、20マスのところで横に線を引いておきましょう。
    1ページが15行ありますから、5行で100字、1ページで15行300字という計算になります。
  4. 問題集の説明と問題を読み、練習の解答と解説を読み、その解答を理解しておきましょう。
    答えは書かなくてもいいですが、見ないでも大体同じようなことが書けるようにしておきましょう。
  5. 個別アドバイスでは、先生が前回までにやり終えた範囲について質問をします。
    問題文の内容を質問することもありますから、問題文には大事だと思うところに傍線を引き、内容を理解しておきましょう。
  6. このようにして問題集が全部終わったら(つまり、1巡目が終わったら)2巡目も同じように取り組みます。
    1巡目はかなり時間がかかりますが、2巡目以降は早く進められます。
  7. その日に学習した範囲で、特に自分にとってよく覚えておきたいということがあればノートに書いておきましょう。
  8. 10ページを読み終えるごとに、その中のひとつの問題を選び、30分で400~600字以内の作文をノートに書きましょう。
     受験作文で、600字以内の作文を書くときのテーマは、次の課題を参考にして決めてください。
     まとめの意見の部分は、できるだけ、「確かに」という言葉で反対意見に対する理解を入れながら、書ける人は「○○はAではなくBである」という自作名言を使ってまとめましょう。

    1. P10「同調圧力の強い社会」
      同調圧力の悪い面と自分の体験実例又は社会実例→同調圧力のよい麺と自分の体験実例又は社会実例→まとめの意見
    2. P11「人間とコンピュータ」
      コンピュータの優れた点と体験実例又は社会実例→人源の優れた点と体験実例又は社会実例→まとめの意見
    3. P12「つらくて悲しいこと」
      つらくて悲しい体験実例1→もうひとつの体験実例1→意見
    4. P12「アウトドアを楽しむとき」
      アウトドアの体験実例1→もうひとつのアウトドアの体験実例2→意見
    5. P13「フレミングの発見」
      偶然の天啓の体験実例又は社会実例→もうひとつの体験実例又は社会実例→意見
    6. P16「日本の良いところ」
      日本の良いところの説明と体験実例→もうひとつの日本の良いところと体験実例→よいところを残すために何が必要かという意見
    7. P20「お礼の気持を表す文化」
      日本のお礼文化のよい面と体験実例→お礼を言わない文化のよい面→まとめの意見
    8. P20「これまでの教育と倉庫」
      倉庫のような教育のよい面と体験実例→倉庫の教育の悪い面と体験実例→まとめの意見
    9. P24「やりたいことを見つけるために」
      自分が好きなことに熱中した体験実例→やりたかったことを諦めた体験実例→まとめの意見
    10. P26「リーダーシップ」
      キャプテンはどういう行動を取るべきだったか+体験実例→副キャプテンはどういう行動を取るべきだったか+体験実例→まとめの意見
    11. P28「コミュニケーション」
      他者とのコミュニケーションを取る上で大事だと思うこと+体験実例→大事だと思うこと2+体験実例→まとめの意見
    12. P30「曲がったキュウリ」
      見た目のよさでものを選んでしまうという例1(できれば体験実例)→もうひとつの例2→まとめの意見
    13. P32「夢」
      夢を持ったきっかけとしての体験実例→関連する体験実例2→まとめの意見
    14. P36「生態系」
      作者の考えに対する賛成意見と体験実例→作者の考えに対する反対意見と体験実例→まとめの意見
    15. P38「琵琶湖の赤潮」
      環境問題への取り組みとして自分がしたこと(体験実例)→自分が今後してみたいと思うこと→まとめの意見
    16. P40「敬語」
      敬語のよい面と体験実例→敬語のよくない面と体験実例→まとめの意見
    17. P42「アイデンティティ」
      アイデンティティを持つことの大切さと体験実例→アイデンティティと持たないことのマイナス面→まとめの意見
    18. P44「笑いのある会話」
      会話をする上で大切だと思うことと体験実例→大切だと思うこと2と体験実例→まとめの意見
    19. P46「規則性」
      規則性を見つけた体験実例→もうひとつの体験実例→まとめの意見
    20. P48「科学と仮説」
      疑問に思ったことに対して仮設を建てることの大切さ(できれば体験実例)→仮設をもとに実行してみることの大切さ(できれば体験実例)→まとめの意見
    21. P51「アインシュタイン・湯川秀樹」
      疑問を持ち続けることの大切さ→疑問を常識にとらわれず自分なりに考えることの大切さ(とできれば体験実例)→まとめの意見
    22. P54「イチロー選手」
      楽観的に考えることの大切さと体験実例→悲観的に考えることの大切さと体験実例→まとめの意見
    23. P55「理科系と文科系」
      理科系の分野で法則や構造があるとわかったこと(理科実験や天体観測など)→文化系の分野で法則や構造があるとわかったこと(歴史上の事実など)→まとめの意見
    24. P57「言葉」
      世間でよく使われている言葉や受け売りの言葉ではなく自分なりの言葉を使うことの大切さ(できれば体験実例)→表面的な言葉やおざなりの言葉ではなく迷いと選択のある言葉を使うことの大切さ(例えば失意の友達を慰めるときなど)→まとめの意見

  9. ノートは画像に撮り、「発」と書いてある発表室にアップロードしておきましょう。
    次回の授業のときに、そのアップロードしたノートを発表してもらいます(発表時間は2分以内)。
    お母さんお父さんが忙しい場合などは、画像はアップロードしなくても結構です。

ステップアップ問題集作文編  教材注文のページ(市販の図書は書店でご自分でご注文ください)   (個別編集311) (一括編集yyjs56)

言葉の森