こんにちは、ゲストさん




< 前 | 現在1-15番 | 次 > 16-30(全32件)
 
and検索
全page検索
 

元の記事:
ハイパー作文高校入試用5.3週の予習 (658字)  森川林 2018/05/09 14:17:46 8932   5     

ハイパー作文高校入試用5.3週の予習
「身近なもの」を情報通信技術と組み合わせることによる新しいサービスのアイデア
都立産業技術高専 600字
http://www.mori7.net/izumi/gazou/2017/9291035151.jpg

説明
 第一段落は、説明。
 情報通信技術は、これから身近なものに生かされ、新しい便利な生活を提案する可能性を秘めている。
 私は、そのアイデアを二つ提案したい。

 第二段落は、実例1。
 一つは、スーパーなどの生鮮食品の売れ残り防止策だ。それぞれの店で、どの食品がどれだけ売れ残っているかということが、家庭のテレビのような端末ですぐにわかるようになれば、それを見て買い物をする人も増える。このことによって、廃棄される可能性のあったものを利用することができる。

 第三段落は、実例2。
 もう一つは、ネットワークを利用した習い事だ。既に、MOOCなどで勉強面のインターネット利用は進んでいるが、これからは立体的な映像を使って、運動系の習い事も家庭でネット利用でできるようになると思う。これを発展させれば、海外の人や文化との交流もできるようになる。この庶民のレベルでの交流が、世界の平和の一つの土台にもなると思う。

 第四段落は、まとめ。
 情報科学技術は、これまでは専門家の仕事のように思われてきた。
 しかし、これからは誰もがその技術を自分の身近な生活の中で生かすことができるようになる。
 情報科学技術を使って、よりよい生活を作るとともに、よりよい社会を作っていきたい。


上の記事に対するコメント▼

題名:
    本文が長いときは、フォームに直接書くよりも、書いたものをコピーして貼り付けることをおすすめします。
ひふへほ (スパム投稿を防ぐために五十音表の「ひふへほ」の続く1文字を入れてください。)
本文:
名前:名前は本名でなくてかまいません。自由につけてください。
メール:
パス:   画像は、送信確認をしたあとのページで入れられます。

※メールアドレスとパスワードを入れなくても送信できますが、その場合は反映されるまで少し時間がかかります。

< 前 | 現在1-15番 | 次 > 16-30(全32件)


Online作文教室 言葉の森    オープンの川 管理の川 「受験作文小論文の岸」 昨日から 0