読解検定5月懇談会資料 (423字) 森川林(nane) 2020/05/23 18:28:22 10208

読解検定5月懇談会資料
1.読解検定は、100点を目指す試験。
 しかし、100点を取れる人はほとんどいない。

2.テストが終わったあと、問題と答えを見直すことが得点アップにつながる。

3.これまで、よく質問をしてきた生徒は、どの子も著しく国語の成績が上がった。
 質問は、「国語の丘」に。

4.夏休みは、サマーキャンプのかわりに、オンライン夏期講習を行う予定。
 そのオンライン夏期講習で、読解・記述の講座を開設。
 その生徒の学年のこれまでの問題をどう考えるかを説明する予定。
 また、漢字書き取りの集中学習も夏期講習で行う予定。
 読書感想文は、小3以上指定図書で。
 詳細は、後日ホームページに。

5.国語力の分類
 解く力は比較的短期間で身につく。←解き方のコツを理解する。
 読む力はつけるのに時間がかかる。←難しい文章を読む。読書をする。
 作文を書く力はさらに時間がかかる。←難しい文章を読む。読書をする。書く練習をする。事前の準備や取材をする。いつも褒める。



Online作文教室 言葉の森    オープンの川 管理の川 「読解検定掲示板」 昨日から 0