森リンの丘 森リン大賞の記録


森リンの丘


 


12月の森リン大賞と上位入賞者(小1の部76人中)

▼小1の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。
 


12月の森リン大賞と上位入賞者(小2の部120人中)

▼小2の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。
 


12月の森リン大賞と上位入賞者(小3の部122人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 とくべつな日 わせや 72 71944587884
2 ピアノのなぞをといてみよう れらせ 72 59143797577
3 へんな友だち わけし 72 67644586689
4 ぼくの家のクワガタ図かん わくも 71 80742557483
5 大豆はヒーロー ゆまみ 71 68443637080
6 なかよし五人組(清書) らりこ 71 76447596777
7 「オレンジあめちゃんズ」バザーへGO! コスモス 71 110942556590
8 命のつかい方 りゅうの玉 70 66046456490
9 再かどうは・・・ ゆほや 70 68356535693
10 本当の友だちとは・・・。 りりら 69 69242496489

 


12月の森リン大賞と上位入賞者(小4の部166人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 大格闘 だいもんじくん 80 786448710284
2 私の相棒二十五番 四つ葉 80 142342829583
3 大切な人形 ゆとえ 80 95139789284
4 楽しいスポーツ ゾロくん 79 98246728486
5 ちょっとびみょうな進歩 ゆはる 78 74143758887
6 大切にしているもの わせま 78 109349667387
7 水泳 イクラ 77 150641657884
8 今年の友達平和賞は・・・ あうん 76 74443648284
9 今と昔のちがい ピーターラビット 76 87751607773
10 負けられない! なゆは 76 149742617387

★1位の作品は要約の部分が多かったので、代表作品になりませんでした。

12月の森リン大賞と上位入賞者(小5の部135人中)


楽しく、そして美味しく
あんみつ
 「わあ。美味しそう。」
しゃぶしゃぶの肉を見た私の口から、自然にこんな言葉が出てきた。それと同時に、よだれが垂れそうになったので、私は急いで口を閉じた。この前、自宅でしゃぶしゃぶをした。その時にしゃぶしゃぶ用の鍋を出したのだが、その鍋の持ち手には、ある絵が書いてあった。本当は、2羽の鶴と1輪の梅の花が描かれていたのだが、私は、その絵をまるでウルトラマンに出てくるバルタン星人のような絵だと解釈してしまったのだ。確かに、今思えば日本の鍋にバルタン星人が描かれているわけがない。それでも、おもしろい発想ができる子供の内に面白い発想を存分にして、面白い思い出を沢山作っていきたい。
 肝心のしゃぶしゃぶの味はどうだったのかというと、本当に美味しくて最高だった。だから、私の気持ちは最高潮になった。母方の祖母と祖父がお歳暮として送ってきてくれた近江牛と、父がスーパーで買った国産黒毛和牛の両方を食べた。近江牛は、まだ3歳にもなっていない若い牛だったため、まるでチョコレートのように口の中でとろけていくような柔らかさと美味しさが合った。霜降りだったのに、ちっとも脂っこく感じなかった。そんな近江牛に対し、黒毛和牛は、弾力のある赤身の美味しさがあった。赤身なのに、ちっとも固くならなかった。脂身と赤身の両方を食べたことによって、栄養もバランス良く取れたと思う。また、心身ともに満足出来た。しゃぶしゃぶは少し忙しかったけれど、楽しい夕食になった。
 私は、しゃぶしゃぶについて少し調べてみた。しゃぶしゃぶが生まれたのは昭和27年で、案外最近のことだ。牛肉専門店として営業していた「スエヒロ」というお店の先代店主が考案した。私は、しゃぶしゃぶは中国やモンゴルなどの大陸から伝わってきたものだと思っていたが、実は日本で生まれたものだったのだという新事実を知った。しゃぶしゃぶは、脂を落とすというところがヘルシー好きの日本人らしさを表している。私は、日本人として、日本人が考案したしゃぶしゃぶが世界に広まっていったことに誇りを感じる。
 私は、母に最近美味しい物を食べた時のことについて聞いてみた。母は、少し前に食べたケーキが美味しかったという。そのケーキは、他のケーキ屋のケーキよりもクリームが甘くて濃厚だったそうだ。
「ケーキは、あっさりしていて甘さ控えめのものでなく、甘くて濃厚なものでないと美味しくない。」
というのが母の言い分だ。
 私は、味覚は個人的なものであって、どんな人でも自分の舌以外は使えないと思う。確かに、美味しい、まずい、というだいたいの合意は成立するかもしれない。しかし、それはあくまでその人が感じる味、というだけの話であって、他人が全く同じように感じる保証はどこにもないのだ。そのことを表す諺に、「蓼食う虫も好き好き」が挙げられる。これは、人の好き嫌いは様々で、自分の好みと比べて一概には判断できないということだ。私は、全くその通りだと分かった。食事を楽しく始め、自然に食欲をそそられるような、楽しく、そして美味しい食事をこれからも続けていきたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 手紙のよさ 茶太郎 80 87042769090
2 伝える難しさ プリン 80 93244828199
3 失敗は成功のもと らさも 80 143348597183
4 文化の違い 85127 79 84247728586
5 蓼食う虫も好き好き らこむ 79 111142577487
6 文化の違い よれも 79 88246667493
7 手書きで伝える良さ たろろ 79 104344567289
8 食事 真田安房守 78 79841699180
9 すべておいしい! ゆねち 78 85642638696
10 手書きや写真は手紙にかかせない! らうみ 78 125441618487


12月の森リン大賞と上位入賞者(小6の部127人中)


人生に関わる勉強
くあゆ
ぼくは強制されて勉強をするということはありませんが、嫌いな勉強と好きな勉強ははっきりしています。まず、ぼくが嫌いな勉強は音楽です。最近は声変わりがあって声がガラガラになり、いくら一生懸命に歌っても、みんなから
「ヘタクソ、ヘタクソ」
と言われています。わざとそう言われているのは分かっているのですが、ほかの人に本当にそう思われているのかと悩んでいます。しばらくたてば声変わりも終わって、ヘタクソとは言われなくなるでしょう。しかし、もうひとつ音楽が嫌いな理由があるのです。それは、アルトリコーダーのややこしさです。ソプラノリコーダーと同じように吹くと、まったく違う音が出たりします。おまけに指づかいすら知りません。しかも、中学に入ると使うリコーダーはほぼアルトリコーダーに変わると聞き、ぼくはとても焦っています。ぼくは、ちゃんとアルトリコーダーの練習をして、できるようしなければ後で困るなと思いました。
 反対に好きな勉強は理科です。先日行われた水溶液の性質の実験では、紫キャベツの色素液を、ぼくが持ってきたレモン水に入れると、まるでカメレオンが自分の色を変えるように鮮やかなピンク色になりました。他にもリトマス紙の色で水溶液の性質を調べて分類したり、アルカリ性の黄色の水溶液と酸性のピンクの水溶液を混ぜて中和したりしました。ぼくはこれからも理科をしっかり勉強し、自分の好きなきのこの研究に生かしていきたいと思います。
 母の場合も強制されて勉強したことはなかったそうです。なぜかと聞くと、母は看護師になるという目標があったので、自主的に勉強をしていたからだそうです。そんな何でもできそうな母の嫌いな勉強は地理だったそうです。理由は、行ったこともないところに興味がもてなかったからだそうです。それに、高校のときの地理のテストに、シルエットからその湖の名前を書くという問題が1問1点で30問もでたそうです。母は問題を見て、
「こんな問題、わかるわけないだろー。そもそも、何の役にたつって言うんだよ!」
と叫びたくなったそうです。試験の結果は最悪で、史上最悪の30点をとってしまったそうです。あの母でもテストで30点をとるなんて、ある意味すごいなと思いました。
 母はマンガがきっかけで勉強が好きになることが多かったようです。看護師になりたいと思ったのは、ブラック・ジャックというマンガの影響だそうです。母はほかにも歴史が好きで、「ベルサイユのばら」からフランス革命について、手塚治虫の「ブッダ」から仏教などを学んだそうです。ぼくは、遊びであるはずのマンガで勉強してしまうなんて、母はすごいなと思いました。
 ぼくは、人間にとって勉強とは、人生と関わる時にものすごく深く学べるものだということが分かりました。そう考えつつ、ぼくは次の授業の準備をするのでした。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 人生に関わる勉強 くあゆ 88 117659949292
2 資質について(清書) らりし 86 152453848589
3 朝の効果 聖徳太子 84 118053718286
4 おいしいの、もまずいもの momoko 82 122757638784
5 勉強 わせえ 82 106553746987
6 一番大切な自分 ちびこ 80 95246727484
7 いつだって青春! みんみ 79 1280498710087
8 寝坊なんてもういやだ! みるく 79 97644838581
9 味覚は十人十色 こゆり 79 103447728584
10 夢中になれること ゆとと 79 83743838174

 
★1位の作品は要約の部分が多かったので、代表作品になりませんでした。

12月の森リン大賞と上位入賞者(中1の部87人中)


行列の利点
らみわ
 行列というものは、日本ではもう当たり前の現象になっている。スーパーや駅、さらにはトイレまで、いたる所に行列が存在する。そのため、私は行列をつくらず、バラバラと人が散らばっているところをあまり見たことがない。外国ではそれが当たり前だと聞いたときはおどろいた。テレビのニュースで、頭がキーンとならないふわふわのかき氷行列を見たことがある。ものすごく長くて、四時間以上並ぶものもあった。だが、それでも横入りをせずに並ぶのは日本人の長所だと思う。私は行列に賛成だ。
 その理由は第一に、ルールを守ることによって物事がスムーズに進むからだ。例えば、スポーツがそうだ。私は三年生のとき、体育の授業でキックベースをした。キックベースというのは、野球とサッカーを組み合わせたような遊びだ。しかし、一人の男の子がルールを破ってしまい、試合がなかなか進まなかった。例えば、もうアウトになっているのにそのままホームに走って点を入れたりして、試合を中断させていたのだ。結局、いつもその男の子がいるチームと相手チームは、試合がいつも授業内に終わらず、引き分けになってしまっていた。だが、それを何人かの男の子が注意し、しっかりとルールを守るようになった。私はそれを見て、流石に悪いと感じたのかな、と思った。それからは、どのチームも授業内に試合が終わるようになった。スポーツはプレイヤー全員がルールを守らなければ、スムーズに行うことができないのだ。電車やバスでは、降りる人が降りてから乗ることで、スムーズに乗り降りすることができている。私は中国に行ったことがある。日本と中国では、やはり文化が違うようで、中国人は降りる人も乗る人も同時に乗り降りしていて時間がかかっていた。関西の人も、そのような傾向があるらしい。だが、降りる人を優先にすれば時間を短縮できるだろう。
 その理由は第二に、ルールを守らないと混乱が起こるからだ。最近話題になった東京駅百周年記念のスイカを得るためになんと一万五千人ほどの人が並んだそうだ。私は電車などには興味がないのだが、ニュースで知った。どうやら、夜からは並んではいけない決まりだったのだが、ルールを破った人がいて、駅員が注意しなかったらしい。それが原因で、しっかりとルールを守った人がスイカを買うことができないという事態が発生してしまったらしい。中には九州から来た人もいたそうだ。それで、しっかりとルールを守ったのに、スイカを買えなかった人たちが怒って東京駅の模型を壊してしまったらしい。一部の人がルールを守らなかったせいで混乱が起こってしまったのだ。空港でもそうだ。日本の海外旅行者数は、千百五十万人を突破した。海外からの日本旅行者数は三百万人台だ。それだけの人が集まるのだから、行列をつくらなければ空港は大混乱してしまう。
 確かに、個々の事情を考慮しないことには問題があるが、「悪いことそのものがあるのではない。時と場合によって悪いことがあるのである。」という名言があるように、行列本来の良さを認識するべきだ。東日本大震災のときも日本人は行列をつくり、外国人をおどろかせた。そのときも、行列の長所はきっと生かされただろう。私は、それを知り、日本人に生まれて本当によかったと思った。私は、これからも行列の良さを認識していきたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 人生の締め切りを考える りすっぴ 91 119466838792
2 行列の利点 らみわ 88 136857757890
3 人生の生き方 彌織 86 103361788592
4 死を意識して生きること リリー 85 112656748296
5 行列の良さ らもえ 84 95056787989
6 死を意識することは生きるということ とうがらし 84 99262757781
7 今を大切にして生きる事 きろせ 84 121358667187
8 生き方に工夫を DAIKICHI 83 104953727989
9 人生 未来へのランナー 82 104159749284
10 人は二足歩行での感想文 わかよ 81 113456869686

 
★1~5位の作品は要約の部分が多かったので、代表作品になりませんでした。

12月の森リン大賞と上位入賞者(中2の部55人中)


言葉の使い方
くるる
 「ざっ、ざっ、ざっ。」
中学一年の一月に体育の授業でマラソンをした。一月下旬にマラソン大会があり、女子は約三キロで男子は約五キロ走る。体育の授業では二・五キロを二セット、多いときには三セットしていた。冬の寒い中、走るたびに皮膚がピリピリする。その上何周か走っていると体の中は熱いのに外側が寒いという妙な感覚になる。走っているとだんだんつらくなってきて止めたくなってくる。しかし、止めたとき次に走るのがつらくなったり、ここで楽をしていいのか?と自分に問いかけるとやる気がわく。このように、言葉の力は自分のやる気を引き出したり相手を励ましたりすることができる。言葉は私達人間にとって良いものなのか。
 確かに、言葉は人間の行動にプラスに働くことがあると言う意見がある。言葉の力は、私達を色々な感情へと変えさせる力がある。私が良いと思う言葉の力は、元気づけられるという点だ。相手を元気づけられるともできるが、自分で自分を元気づけることもできる。例えば、マラソン大会だ。私の学校では、いつもグラウンドを大きく使って五~六周する。寒い冬に走ると足が痛くなりしんどくなるため、立ち止まってしまいたくなる。特に、ラスト二周辺りが辛いのだ。だんだん寒さが増し、皮膚がピリピリしてきて、息も大分上がっている。投げだしてしまいそうなとき私は、
「頑張れ、頑張れ。残りあとちょっと・・。」
と自分で自分を応援する。応援の言葉はすごくやる気にさせてくれる。自分で応援した時も走り続けることができる。自己暗示は、自分自身の気分をある程度操作できる、すごく重要なものだと思った。
 しかし、言葉が人間の行動にマイナスに働くことがあると言う意見もある。例えば失敗しそうなどという自分にとってマイナスのことを思ったときだ。私は、体育の授業でバスケットボールのシュート練習をしたとき失敗すると思いながら打つことが多い。そんな時私は必ず失敗する。自分に、とってマイナスのことを言うと、気分を萎え体が動かなくなる。言葉には、自分の気持ちを萎えさせていると他のマイナス面がある。それは、人から嘘を言われる、嘘をつけることだ。例えば、「はだかの王様」という昔話があるように、周囲の人が嘘を言って王様が恥をかいた。本当のことを誰も教えずにうすっぺらい言葉で人を傷つける。世の中には、それで色々な人が気付けたり喧嘩になったりする。言葉のマイナス面は、自分だけではなく周りの人にまで影響が及ぶ。マイナス面だけをみると言葉はこわいと私は思った。
 言葉は、元気づけられることのできるプラス面がある。人を傷つけたりするマイナス面もある。しかし一番大事なのは、言葉は自分の気持ちを伝えることができることを意識して自分にも相手にも気持ちいい使い方をすることができる。「短所をいちばんよい方法は、今ある長所を伸ばすことである。」という名言があるように、言葉のマイナス面は消すことは難しいが、プラス面をどんどん増やして相手に持つマイナス面を使わないようにするべきだ。これから私は、言葉の使い方を考え、重要視していきたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 言葉の無意識 海太郎 86 114256698189
2 個人的利益追求が全体的利益追求へ 紫電改 85 133366797192
3 ことば ともき 81 99757607292
4 言葉の受け入れ りなこ 81 110248617189
5 両方の働き やまり 79 94448758379
6 言葉の使い方 くるる 79 128147628290
7 慣れた言葉は大切に しゅわきち 78 69753707497
8 『死』という締め切り きなこ 77 1208548212084
9 一番大切な家族 わえふ 72 65741597384

 

12月の森リン大賞と上位入賞者(中3の部33人中)


言葉に愛を
ぎんぎつね
 日本では、欧米人の名前をカタカナでそのまま読むが、中国や朝鮮人の名前は漢字で書き、日本の読み方で読む。これは何も日本に限ったことではない。中国でも、日本と同じように欧米人の名前はそのまま読み(漢字の当て字になるが)、日本人や朝鮮人の名前は自国の読み方をするのだ。たしかに、自国の読み方だろうが相手の国の読み方だろうが、本質的には変わらないのかもしれない。しかし、人は大切な人には「私」の属する国、文化を認めてほしいと願うものだ。それは相手に対する尊重が伴うものだからだ。私は、言葉に感情を込められるような生き方をしていきたい。
 そのための方法としては第一に、相手の名前など、言葉に対して愛情を持って接することだ。生まれた子供に名前をつけることはその両親にとって一大イベントである。世の中にはいろいろな名前があるが、命名される名前はその年によって一定の傾向があるらしい。近年、人気な名前は音の響きが重視される傾向にあるそうだ。名前の意味だけでなく、読み方まで気を配ることに、私達がどれだけ「音」を気にしているのかがわかる。つまり、それは逆に言うと、私達が相手の言葉を大切にした時、初めて私達は相手とより良い関係を築くことができるということだろう。
 また、第二の方法としては、国同士の間でも、相手の言葉や文化を尊重しあうことだ。かつて、アジアからヨーロッパ東部に至るまでの広大な領土を有したモンゴル帝国はチンギス・ハンを起源として、実に20世紀まで中央ユーラシアの各地で君臨し続けたそうだ。途方もなく巨大な帝国を長く存続させられたのは一体なぜなのだろうか。それは、フビライ・ハーンの、支配した各地域の文化や言語を尊重した政策のおかげらしい。モンゴル帝国の一部に取り込まれても、その生活はほとんど変わらなかったことが人びとの抵抗を少なくし、それが帝国の維持につながったのだろう。
 たしかに、合理的に物事を進めるためには、言葉を記号のように扱うほうが便利な場合もある。もし、みんながみんな自分の名前の読み方にこだわっていたら、自分も相手も疲れて、関係も悪化してしまうだろう。しかし、「家とは、外から見るためのものではなく、中で住むためのものである」というように、名前などの言葉もまた、外から見るための符号ではなく、その中で生きている人間と密接に結びついているのである。それを否定するということは、その人を否定することにもつながり、決してプラスにはならないはずだ。私は、言葉というものを感じ取ることができる感性をもって、生きていきたいと思う。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 言葉に愛を ぎんぎつね 86 107063767493
2 英語と漢字の意味 Qちゃん 83 104957687387
3 「ことば」とは何か 四葉のクローバー 82 147048738086
4 自分で選択をする トレジャーハンター 81 111949726889
5 幸せを感じて かこちゃん 80 116348908589
6 人が生まれながらにもつ資格 にゃーみ 79 1021497210184

 
★1位の作品は要約の部分が多かったので、代表作品になりませんでした。

12月の森リン大賞と上位入賞者(高1高2高3社の部139人中)


意見を言おう!
ピット
最近、日本ではあらゆる所で「国際化」の必要が唱えられている。世界で国際
化を目指している国は日本だけである。しかし、欧米でさえも、開かれた民族と
は言い切れない。むしろ日本人の方が、自分を閉ざされた国だと認識しているた
め、心理的に開かれている。日本が「国際化」をめざすのは、やむを得ず強いら
れているのであって、日本の特殊性を普遍化してくれる絶対善だからではない。
私は、他人を基準とせず、自分の道を行くような生き方をしたい。
 そのための方法として第一に、自分の意見を持って、簡単に他人に流されない
ことだ。日本人は謙虚だ。しかし、それが裏目に出ることがある。空気を読んで
しまうのだ。周りの空気を読んで自分の意見を持っていない、または、持ってい
るが言い出せない人がたくさんいると思う。私は、絶対に他人に流される方だと
思う。友達から何か頼まれると、ことわれないし、嫌なことでも、嫌だと言い出
せないのだ。同じように考えている人は多いだろう。特に、女子。トイレに行く
にも、どこに行くにも友達と一緒。友達が言ったことにすぐに同調してしまう。
そんなことが多々ある。さすがに、私はトイレにまでついては行かないが、この
ように友達といつも一緒だと、自分の意見を言うことはないだろう。なぜなら、
友達と同じ意見を言えばよいのだから。クラスの話し合いでも、ほとんど意見は
出ない。意見を出したら、でしゃばっていると思われるのが怖いからだろうか。
私はそんな日本は住みにくいのではないかと思う。しかし、そんな傾向から抜け
出せない自分がいる。それがもどかしいのだ。
 第二の方法としては、歴史に残る人の生き方から学ぶことだ。伝記を読んでみ
ると、歴史に残る人はんみな自分をしっかりもち、それを一生貫いている。かの
有名なガリレオ・ガリレイは、地動説を唱えたために、法王の怒りにふれてしま
い、もう二度と地動説を唱えないようにとサインをさせられた。しかし、ガリレ
オは自分の信念を曲げず、地動説を信じ続けた。そして、空想上の人物に、地動
説を語らせた「天文対和」という本を出したのだ。しかし、それはやはり再び法
王の怒りを買い、地動説は間違っているというように強いられてしまった。しか
し、ガリレオはその法廷で、ギリシャ語で「それでも地球は動く」と繰り返して
いたそうだ。このように、どんな障害にぶつかっても、自分の信念を一生涯、貫
いた人が歴史に名を残すようなすばらしい功績をあげているのだ。
 確かに、周囲と自分を比較することも大切だ、自分では見つけきれなかった、
自分の意見の欠点が見えてくることがある。しかし、「自分が考えるとおりに生
きなければならない。そうでないと、ついには自分が生きたとおりに考えるよう
になってしまう」という言葉があるように自分の意見を持って行動しなければな
らない。私は、自分の意見をしっかり持ち、それをきちんと発言し、行動に移せ
る人間になりたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 疲労のバランス ポケット 90 123366798389
2 意見を言おう! ピット 89 123961798187
3 閃き まりあ 85 105258818893
4 日本の普通の書き言葉 なもそ 84 102157748792
5 日本の言葉 ブレイド 84 111261617390
6 出る杭になる もぐ月子 83 97858748590
7 自由な思想と行動 らわん 83 90458808389
8 言葉の意味 ポケット 83 107562857986
9 人間だけの文化 カツ丼 83 98058817589
10 異文化の理解 きよほ 82 1101561019596



2020年09月の森リン大賞 |  2020年08月の森リン大賞 |  2020年07月の森リン大賞 | 
2020年06月の森リン大賞 |  2020年05月の森リン大賞 |  2020年04月の森リン大賞 |  2020年03月の森リン大賞 |  2020年02月の森リン大賞 | 
2020年01月の森リン大賞 |  2019年12月の森リン大賞 |  2019年11月の森リン大賞 |  2019年10月の森リン大賞 |  2019年09月の森リン大賞 | 
2019年08月の森リン大賞 |  2019年07月の森リン大賞 |  2019年06月の森リン大賞 |  2019年05月の森リン大賞 |  2019年04月の森リン大賞 | 
2019年03月の森リン大賞 |  2019年02月の森リン大賞 |  2019年01月の森リン大賞 |  2018年12月の森リン大賞 |  2018年11月の森リン大賞 | 
2018年10月の森リン大賞 |  2018年09月の森リン大賞 |  2018年08月の森リン大賞 |  2018年07月の森リン大賞 |  2018年06月の森リン大賞 | 
2018年05月の森リン大賞 |  2018年04月の森リン大賞 |  2018年03月の森リン大賞 |  2018年02月の森リン大賞 |  2018年01月の森リン大賞 | 
2017年12月の森リン大賞 |  2017年02月の森リン大賞 |  2017年01月の森リン大賞 |  2016年12月の森リン大賞 |  2016年11月の森リン大賞 | 
2016年10月の森リン大賞 |  2016年09月の森リン大賞 |  2016年08月の森リン大賞 |  2016年07月の森リン大賞 |  2016年06月の森リン大賞 | 
2016年05月の森リン大賞 |  2016年04月の森リン大賞 |  2016年03月の森リン大賞 |  2016年02月の森リン大賞 |  2016年01月の森リン大賞 | 
2015年12月の森リン大賞 |  2015年11月の森リン大賞 |  2015年10月の森リン大賞 |  2015年09月の森リン大賞 |  2015年08月の森リン大賞 | 
2015年07月の森リン大賞 |  2015年06月の森リン大賞 |  2015年05月の森リン大賞 |  2015年04月の森リン大賞 |  2015年03月の森リン大賞 | 
2015年02月の森リン大賞 |  2015年01月の森リン大賞 |  2014年12月の森リン大賞 |  2014年11月の森リン大賞 |  2014年10月の森リン大賞 | 
2014年09月の森リン大賞 |  (2014年7~8月は未集計) |  2014年06月の森リン大賞 |  2014年05月の森リン大賞 |  2014年04月の森リン大賞
2014年03月の森リン大賞 |  2014年02月の森リン大賞 |  2014年01月の森リン大賞 |  2013年12月の森リン大賞 |  2013年11月の森リン大賞
2013年10月の森リン大賞 |  2013年09月の森リン大賞 |  2013年08月の森リン大賞 |  2013年07月の森リン大賞 |  2013年06月の森リン大賞
2013年05月の森リン大賞 |  2013年04月の森リン大賞 |  2013年03月の森リン大賞 |  2013年02月の森リン大賞 |  2013年01月の森リン大賞
2012年12月の森リン大賞 |  2012年11月の森リン大賞 |  2012年10月の森リン大賞 |  2012年09月の森リン大賞 |  2012年08月の森リン大賞
2012年07月の森リン大賞 |  2012年06月の森リン大賞 |  2012年05月の森リン大賞 |  2012年04月の森リン大賞 |  2012年03月の森リン大賞
2012年02月の森リン大賞 |  2012年01月の森リン大賞 |  2011年12月の森リン大賞 |  2011年11月の森リン大賞 |  2011年10月の森リン大賞
2011年09月の森リン大賞 |  2011年08月の森リン大賞 |  2011年07月の森リン大賞 |  2011年06月の森リン大賞 |  2011年05月の森リン大賞
2011年04月の森リン大賞 |  2011年03月の森リン大賞 |  2011年02月の森リン大賞 |  2011年01月の森リン大賞 |  2010年12月の森リン大賞
2010年11月の森リン大賞 |  2010年10月の森リン大賞 |  2010年09月の森リン大賞 |  2010年08月の森リン大賞 |  2010年07月の森リン大賞
2010年06月の森リン大賞 |  2010年05月の森リン大賞 |  2010年04月の森リン大賞 |  2010年03月の森リン大賞 |  2010年02月の森リン大賞
2010年01月の森リン大賞 |  2009年12月の森リン大賞 |  2009年11月の森リン大賞 |  2009年10月の森リン大賞 |  2009年09月の森リン大賞
2006年9月~2009年8月までの森リン大賞


Online作文教室言葉の森