森リンの丘 森リン大賞の記録


森リンの丘


 


9月の森リン大賞と上位入賞者(小1の部52人中)

▼小1の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。
 


9月の森リン大賞と上位入賞者(小2の部84人中)

▼小2の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。
 


9月の森リン大賞と上位入賞者(小3の部133人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 かいていトンネル さくら ごろう 78 74944809290
2 すきなゲーム ペンギン好き 74 69649627990
3 とびこえたぞ つかさ 74 58049697186
4 「アルフレッドのゆい言状は」を読んで ゆはる 73 76242818090
5 得意技は空中逆上がり(清書) ゆきだるま 73 83647737283
6 うますぎな はわせ 73 70652576892
7 レプリカを作った なゆの 72 119643656890
8 「アルフレッドのゆいごんじょうは」を読んで つみき 72 83642656892
9 ぼくのとくいな薬品実けん ふるる 71 109743607983
10 肉じゃが大好き ペルセウス 71 82342557184

 


9月の森リン大賞と上位入賞者(小4の部119人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 七年後のわたし ゆねち 79 113052668481
2 スイーツ最高! なもい 78 122743768695
3 カッコよくキメよう! ゴーゴーピーコちゃん 77 97538579780
4 ひゃっくっくっ ふふふ 76 118146607592
5 虫の音楽コンサート プリン 76 100548637383
6 ゆうがな虫 やまら 76 72654526896
7 歴史とぼく きみけ 75 41842928984
8 二人で木工作 ゆかみ 75 75439597786
9 わたしとお母さんの大好物! ゆふお 75 75843607390
10 えっ、全教科好き? トイストーリー 75 90741616890

 1位の作品は、要約の部分が多かったため代表作品にはなりませんでした。

9月の森リン大賞と上位入賞者(小5の部121人中)


遺伝だ
アリス
 「あと二周だからとばそう・・・。」
そうつぶやいて、私は走るスピードを速めた。ここからが本番だ。
 私の学校では毎年十一月頃にマラソン大会がある。マラソン大会では、一キロメートルを走る。校庭一周が百メートルなので十週して終わりだ。私はこの大会で、みごと一位をかくとくした。
 もともと私は、スイミングの選手コースで一日に二キロメートル以上泳いでいるので、スタミナはある。短きょり走でも学年で二番目の八秒四だ。だから走りやスタミナには自信がある。それが今大会の優勝の理由の一つかもしれない。
 私は、幼稚園のころからマラソンではいつも一位だった。一度一位になると自信が持てるようになり、年少から年長まで全部一位になれた。
 私の走り方は、最初はとばし、途中は少しペースを落として、最後は全力だ。最初にとばす理由は、みんなとゆっくり走っていると、集団から抜け出せなくなる。すると、まるで団子の様な状態になってしまい、ほかの人のペースに巻き込まれてしまうからだ。最後に全力で走る理由は、最初にゆっくり走っていて後からとばす人がいるからだ。
 走っている間は、優勝したらいいなとかポジティブに考えて走っている。ネガティブに考えるとやる気がうせるらしい。
 マラソンを練習する場所は近くの草加公園だ。グラウンドの外側のランニングコースを一周まわる。一周八〇〇メートルだ。ゴールの場所で母が待っている。そこでストップウオッチで時間を計ってくれている途中から父も一緒に走ってくれるので、ライバル心が出てやる気が出る。
 私の母も、小中学生のころマラソンが得意だったそうだ。五年生の時マラソン大会を始めてから中学三年生までずっと一位だったと話している。母の走る時のコツは私と同じで、最初はとばす、途中少しゆっくり、最後一番とばしているそうだ。理由も私と同じだという。
 母は、
「一度、一位になると、二位には落ちたくない。」
と言っていた。
 私は、走るのが速いのも遺伝かなと思っていたが、やっぱり遺伝だとわかった。今度のマラソン大会も独自の走り方で優勝したい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 犬に甘い日本人 くあゆ 81 104951607192
2 遺伝だ アリス 80 87443918884
3 いつか実るよその努力 たすく 80 80341808893
4 いろいろな性格 きなは 80 78056768686
5 エレベーター 湖れいくん 80 95346757990
6 夢が現実に かろけ 80 112646627584
7 本当の一番 ゆめた 80 90451717487
8 人との関わりで大事な事 にえに 80 101946637086
9 一番は、最高! みるく 79 95939709180
10 絵画トンボ レモン 79 96641798689


9月の森リン大賞と上位入賞者(小6の部147人中)


どんどん切り捨てない
とよし
 噴水は、何も役に立たないものなのだ。夏の日照りが続き、恒例の水不足になると、都市によっては噴水の水を停めてしまうところがあるが、噴水の水というのは同じものが循環しているだけなのであるから、どんなに水不足の場合でも、停める必要はない。噴水は、ただ水を噴き上げていればいいのである。
 私にもこれと似た話がある。私の家のバルコニーには、飾る花や植物などを置くスペースがあり、それは、正直、あっても無くても良いものである。バルコニーはそもそも、避難する為のスペースだ。けれど、そこに、花や植物などを置くと、明るい印象を持つ。人形の場合、少しでも部屋に置いておくと賑やかな雰囲気になり、いやされる。リビングのダウンライトは、明るく出来たり、少し暗くも出来る。生活には、あまり必要ではないけれど、例えば、ケーキに飾るロウソクを、ダウンライトを利用して少し暗くして、輝かせる事も出来るし、自分に合った明るさに調節出来るのが魅力的である。
 他にもまだある。レストランやカフェで流れる音楽。音楽によって心が落ち着いたり、和やかな気持ちになれたりする。母の話も聞いてみると、母は、
「カフェは、日常生活から少し離れて、ホッと出来る場所だわ。静かな音楽を聴きながら、本を読む。とてもぜいたくな時間ね。時々、自分の知らない曲がかかったりするので、面白い。その曲が気になってCDショップに買いに行ったけれど、曲名や歌手が分からず、買えない事もある。カフェで、もし、その曲が流れていなかったら、おそらくそんな気持ちにならなかっただろうなぁ…。あっても無くても良いものだけれど、私の心を優雅な気持ちにさせてくれるから…やっぱり、あった方がいいな。」
 また、母の話しでは、ロンドンでは、カーテンは飾りとして扱っていた!と言う。つまり、カーテンとしての機能はなく、閉められなくなっているというのだ。私は母の話を聞いて、閉められないカーテンは珍しいなぁ、面白いなぁと思った。
 そう言えば、引っ越し前に住んでいたマンションのエントランスに、観葉植物を置くか、置かないか、住人の間で話し合いがあった。観葉植物は置くことになったのだが、造花は意見が分かれた。それは、意外と費用がかかるからだ。しかし、造花を置く事により、憩いの場になるという事で、置くことになった。それにより、エントランスで人々がくつろぐようになったのだ。殺風景だったエントランスが、まるで植物園のようになった。
 人間にとって、あっても無くてもいいものは、切り捨てないでその物の良さを生かしていく物なのである。一見、無駄だなぁと思ったものでも、そのまま活かしていこうと思う。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 どんどん切り捨てない とよし 86 110554777787
2 文化的 DAIKICHI 82 96152637692
3 一番の意味 たけみ 80 108546627579
4 一番~勝ち抜く・勝ち取る~ のりみ 79 81243708792
5 一人とみんなの優勝 彌織 79 90148848781
6 私の長所、短所(清書) ジャスミン 78 92747598084
7 長所だとしても反対には・・・ 悟空 78 102739697879
8 やっぱり一番はとくべつ! ゆへつ 78 90646677681
9 ユーモアについて話が しろめウサギ 78 86344737387
10 私の長所短所 ナナえもん 78 95643627087

 

9月の森リン大賞と上位入賞者(中1の部58人中)


計画的に規則正しい生活を
りなこ
 人間は、人間自身を飼育しているのではないか。女房に亭主が飼育されているなどの、たとえに使われるのと同じように感じられるかもしれないが、まったく違う。飼育とは、食物を供給されさらに生活空間や場も与えられるといってよい。現在多くの人々は、若い人々や子供を見ていて、なにか大きな変化が人間の精神や行動に現れていると、漠然と感じているだろう。ある程度の自己家畜化は必要だ。
 その理由は第一に、規則正しい生活をおくることによって、一日を有効に使うことができるからだ。私は葛飾区に住んでおり、学区域の中学に通っているため八月いっぱいが休みではなく、八月二十六日から新学期がはじまる。そのため、あたりまえだが他の区の中学校と比べて夏休みが短い。その夏休みには、どこの中学校でも宿題はでるだろう。宿題は用事があったり、旅行に行ったりしても必ず提出しなければならない。私は夏休みを自由気ままに過ごしていた。まるでなまけもののように。夏休みがはじまって一日目から夜更かしをしていた。宿題も最後の方にまとめて取り組もうと思っていた。しかし、母からの
「宿題は計画的にやるんだよ」
という言葉で計画を立てた。そうは言っても計画を立てて、宿題が終わるわけでもあるまいし、なまけた生活をし、なにもせずに一日を過ごし、無駄な時間になってしまったこともあった。しかし、夏休みが終わるまであと五日のところで始業式までに宿題が間に合わないことに気付き、あわてて宿題を終わらせた。なんとか始業式にはギリギリで間に合った。しかし、夏休みの間ずっと夜ふかしをしていたため、新学期最初の朝はとても眠かった。このように規則正しい生活をおくっておかないと、生活リズムがほうかいしてしまうのだ。
第二の理由に、みんなが自由気ままに生活していたら社会の秩序が保てなくなるからだ。例えば、バスの運転手が気分が悪いから今日は夜だけ運転すると言ったら、バスに乗る方はとても不便に感じるだろう。いつ来るかも分からずにバラバラに来たら混乱してしまうだろう。電車やバスは決められた時間があるし、時刻表もあるのだからその時間に運行する。それがあってこそ、便利だと言えるのだ。自由気ままに過ごすと、自分だけでなく、他人にも迷惑をかけるのだ。
 確かに、人間には自由も必要だ。しかし、「人はその制服のとおりの人間になる」という名言があるように、私達は、自分に合わせるのではなく社会に合わせなければならないのだ。そして、社会に入れるため、私は、ある程度の自己家畜化は必要だと思う。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 計画的に規則正しい生活を りなこ 87 105661768293
2 国境なきコミュニケーション 零戦 85 122956788787
3 ルールの必要性 魅珠愛 84 108757637389
4 自分をしっかり まひち 82 87161757293
5 日本の美しい会話 やまり 81 94452757995
6 日本のコミュニケーション どろっぷ 81 112848626784
7 不安はない ダイヤモンド 80 93051847787
8 自己家畜化 まるか 79 88352677189
9 「見る」というコミュニケーションと私達 くるる 78 95944667579
10 自己家畜化をすること まろえ 78 85657636886

 

9月の森リン大賞と上位入賞者(中2の部67人中)


群れと一匹狼
ぎんぎつね
 私たちは毎日の生活の中でさまざまな判断を迫られるときがある。その時、私たちは多くの判断を他人任せにしてはいないだろうか。それはやはり、仮に誤ったとしても責任を取らなくてもすむからだろう。これは大人でも当てはまる。増してや、判断力に欠ける子供たちの場合、どうしても他人依存になってしまう。意識的にそれらを改善する教育をすればいいのだが、現在の教育状況はこれに逆行しているところが少なくない。そして今、そのような事態によって、「指示待ち」人間が増えているのである。
 まず、自分で判断し、主体的に行動することは大切だという意見がある。小学四年生のころ、私は「理科クラブ」に所属していた。ただ単に理科が好きだったので、そのクラブに入ったのだが、何故か女子は全部員で私ただ一人しかいなかった。(顧問まで、男・・・)私は男好きでもないので、入部当初は恐怖を感じていた。しかし、その恐怖よりも理科への熱意が勝った。それで、私は理科クラブに留まることを選んだのだ。その結果、私はさまざまな面白い実験を体験することができ、さらに、理科のお偉い先生を招いて行った実験を間近で見ることができた。もし、私が「紅一点」の恐怖に負けて、ほかのクラブに移っていたら、このような充実した体験はできなかっただろう。(その後、多くの女子が理科クラブに入ったらしいが)このように自分で判断することが大切だということがわかる。
 しかし、一方で、他人の意見を取り入れることも大切だという考えもある。私は以前、森林開発に全面反対していた。だが、ある本をきっかけにその考えを改めた。その本の筆者は人類全員が環境を守るために我慢しなければならないと主張した。森林というと、私たちはきれいに整備された森林公園を思い浮かべるだろう。しかし、森林というものは本来人間にとって快適とは言いがたい場所である。森林には、さまざまな雑菌が蔓延しており、猛獣や毒を持つ植物が多数生息しているのだ。それにもかかわらず、私たちは過度に美化された森林の誤ったイメージを持って発展途上国の開発に反対している。確かに、森林は重要である。しかし、途上国の人に快適と程遠い暮らしをさせといて、自分たちは大都市の恩恵の中でぬくぬくと暮らしているのはどうかと思う。この考えを読んだとき、私はとても衝撃を受けた。そして、何もしないで、ただ反対だけしてきた自分を恥じた。このほかにも、外からの情報、意見から私たちが知るべきことはたくさんあるだろう。
 確かに、自分の判断で物事を進めていくことも他人の意見に耳を傾けることもどちらも大切である。しかし、一番大切なことは、「はじめることも大切だが、やり遂げることのほうがもっと大切である」というように、一度決めたことは最後までやり遂げる忍耐力を持つことである。たとえ、他人に依存するとしても、それはあなたがした決断であることに変わりはないだろう。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 群れと一匹狼 ぎんぎつね 90 120663868583
2 比べてみると・・・#2? ivy☆ 89 141868738592
3 チーム力 りょうたろう 86 177161788987
4 「鏡」にうつる自分 いなりずし 84 112758676792
5 やり遂げるための努力 れたす 83 112152616890
6 相対的と絶対的 あよあよ 82 99858677687
7 最後までやり遂げるために 四葉のクローバー 82 115451697286
8 自分での行動 がんばる 82 109154636590
9 自立 ききほ 80 205649708884
10 結果と過程 ゆへぬ 79 16264811411787

 
 1位の作品は、要約の部分が多かったため代表作品にはなりませんでした。

9月の森リン大賞と上位入賞者(中3の部64人中)


我がガイアの夢の構図
にゃぱ
 みんなは、「地球交響曲」俗に、“ガイア・ミンフォニー”と呼ばれるドキュメンタリー映画を観たことがあるだろうか。この映画では、さまざまな分野における先進的な人々が登場し、ガイアの現在と未来を語っており、僕達が知らない本当の自然を観ることができる。しかし、僕たちは、そのようなドキュメンタリー映画を観たところで、「へええ」と言うまでが限界ではないだろうか。僕たちは地球環境について他人を評価しておいて、本当はそのことについて本気で考えているのだろうか。
僕たち人類は、全地球のうち、龍村仁さんのいう、唯一の「攻撃的な知性」を養った生物である。科学技術を進歩させ、地球を支配することとなった我ら人類。しかしそれは、他生物への攻撃でもあった。イギリスの生物物理学者である、ジュームズ・ラブロック氏はこう語る。
「私たち人類は、太陽が植物に与えてくれる、全エネルギーのうち六十パーセントを自分たちの為だけに使い、ガイア自身が生き続ける為に、わずか四十パーセントしか残していない。これはちょっと欲張りすぎだと私は思います。」(第四番より)
僕たちはあくまで他より頭のいい動物であることにすぎない。僕たちは地球の自然の一部であったことに過ぎない。そう考えると、いかに僕たちが悪徳であったのか少しは共感できると思う。
 一方で、人類以外の生物は、自然に調和した進化を遂げている。素潜りで水深百メートルを超える記録をたてた海洋冒険家のジャック・マイヨール氏はこう言う。
 「深海に潜るとき、ちょっと心が乱れているだけで脈拍が高まり、限界がすぐに来る。呼吸するのも忘れるくらいの心の静寂が素潜りには必要だ。その点、イルカは遥かに優れている。彼らは完全に自然と調和している。」(第二番より)
これはイルカに限定された話ではない。全ての動物たち、クジラから極小な細菌までもが自然環境に調和して生き残りを果たすよう活動しているのである。しかし、人類だけは科学技術を用いて、人類に“調和”した自然環境を作っている。それは、勿論人類にとってはユートピアと言える。しかし、人類以外の動物全てにもそれはユートピアだと言えるわけではない。現代では一日約二百種もの生物が絶滅していると云われているが、まさに人類の黒歴史だといえよう。その歴史を止めるためにも、「地球交響曲」の映像を貴重なものとしないためにも、僕たちは地球について本気で考える必要があるのだと思う。
ケニアの動物保護活動家、ダフニー・シェルドリックさんはこう語る。
「象から学べることは、他の種や仲間と共に平和に生きる生き方と、そしてそういう生き方に対する誇りや英知です。」(第一番より)
象、或いは鯨などの哺乳類は人間とは違った「受容的な知性」、いわば環境に適応して平和に生きる知性のスペシャリストだ。そして僕らはそれを失ってしまったが故に、今一度学び直さなければならないのだ。
 そんな悲観するほど今の人類は落ちぶれてはまだいない。その証拠に、まさにこの「地球交響曲」はいろいろな視点からわかる。この映画の第一番、初の作品が上映されたとき、観客数は相当少なかったという。しかし、映画評論家を通じて、この作品の素晴らしさがだんだんと伝わり、今や第七番までもが作られたほどの人気を誇っている。それは、ガイアを守りたいという人々の心の表れとも言えないだろうか。自分では環境について大きなことをすることができない。しかし、そのことを考える人がより増えると、大きなことも遂げることができるかもしれない。そうして、僕はいつか、ガイアがまた緑豊かな星に甦ることを信じている。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 自分の行動に責任を持つこと はるりん 89 147561969593
2 我がガイアの夢の構図 にゃぱ 87 14966210210497
3 子供に大切な自由 ポケット 87 142559757687
4 日本語の良さ カツ丼 86 111854777492
5 トンボ王国は 百合 85 101058878286
6 日本を大切に 黒髪メガネの人 83 105956889186
7 経験を活かす私たち ピット 82 96862677887
8 手づかみ クッキー 81 98154707780
9 つながりとは ブレイド 81 87154767590
10 自然 コレルリ 80 1324549510884

 
 1位の作品は、要約の部分が多かったため代表作品にはなりませんでした。

9月の森リン大賞と上位入賞者(高1高2高3社の部132人中)


無自覚な欧米崇拝
文鳥
 日本は島国だったこともあって他国についての認識と言えば隣国の朝鮮半島に向けられていた。稲作も弥生時代に朝鮮半島から渡来人が伝承したものであり、その後、飛鳥時代には遣隋使、遣唐使を派遣するなどして朝鮮半島との交流を継続的に続けてきた。その頃に取り入れた朝鮮の文化は食べ物だけでなく服装や政治の在り方にまで影響し、その頃から日本は外国の慣習やあり方を取り入れるのに積極的だった。欧州や欧米と日本が互いの存在を認識するのは更に時が進んでからである。これほど古来から日本は自国の文化を守ることよりも、他国の文化を受け入れ、自らの文化と融合させることに特化してきた。小さな島国であることもあって日本は他国に対する脅威と憧れを持ってきたに違いない。現在、日本は世界でも先進国と呼ばれる部類にいるが、それでも欧米への憧れを持つ人は多い。
 日本人は欧米を優れていると思っているが、無自覚な欧米崇拝は危険だと考える。
 その原因として第1に欧米の文化は常に日本人にとって刺激的で、進んでいるかのように思えるからである。
 日本は島国だったこともあって朝鮮を除いた国の文化についてはほぼ未知だったに違いない。それ故にいきなり欧米の文化を見せられた日本人はその洗練された造形や機能的なあり方にひどく衝撃を受けた。その1つとして芸術である。以前、国語の授業で扱っていた長文に書いてあったことである。そもそも日本と欧米の芸術に対する美意識は大きく違うものである。日本人は自然にあるものをあるがままに生かしておくことを美と考える。だが、欧米人は出来る限り人間がコントロールしようと考える。その例として、噴水である。欧米には世界的にも有名な噴水があり、公園に行ってもそこそこ立派な噴水が立ち並んでいる。だが、日本には噴水がない。あってもお飾り程度のめぼしいものである。だが、獅子脅しという水の流れと音を楽しむ芸術を創り出した。噴水は人為的に水を上に打ち上げさせる。この時点で重力のありように逆らっているのである。反対に獅子脅しはどうであろうか。水が竹の中にたまっていき、ある程度水がたまって竹がその重さに耐えきれなくなると自然と竹が丁度シーソーの要領で先を下げ、中の水を吐き出す。ただこれだけの動作だが、日本人はこの動きとありように美を見出した。これが、欧米の芸術と日本の芸術の大きな違いである。
 その原因として第2に日本人は自国の文化のその稀有さと素晴らしさに気が付いていないことにある。
 日本人はその国民性からか、自分を常に低く見せがちである。だが、実際、日本には独特の美意識とセンスがある。その例としては庭園である。日本にはそれこそ世界のいたるところからわざわざ外国人が飛行機を使って遠路はるばるやってきてまで見たいという庭園が多く存在する。例えば京都にある龍安寺の石庭である。そこには15個あるのだが、どの角度から見ても全ての石が見えないように絶妙な位置に配置されてある。繊細にして大胆な造形美は日本の庭園だけでなく日本食や仏像にまで現れる。だからこそ世界から高く評価され、わざわざそれを一目見るために外国から人が来る。だが、私達日本人はあまりその素晴らしさを理解していない。日本にはない他国の美術の大胆さや大陸ならではの雄大さに目を奪われ、日本だからこそ出来る繊細さと雄大さの共存の素晴らしさに気付くことができずにいる。
 確かに、欧米の文化は素晴らしい。大陸ならではの雄大さや、沢山の人種から受け入れられるために普遍性を追求した物事のありようは日本にはないもので、そこに目を奪われるのも仕方がないだろう。だがしかし、目を奪われても自国の素晴らしさを忘れてはいけないと思う。他国を崇拝し、よく知ることがこれからの日本のためになるのではない。自国をよく知ることがこれからの日本の発展につながるのだ。
 私は日本人は今一度自国の良さを再認識するべきだと考える。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 知識の生産 なるか 94 1334691009695
2 無自覚な欧米崇拝 文鳥 91 162266849084
3 高齢化 BOY 90 125268798093
4 君たちに求められている物 森?外 89 118864858383
5 情報の偏り 慎太郎 88 136064909583
6 平等を定義するとどうなるか ききか 88 125364728290
7 日本の蛙主義 しらたき 86 12355910210595
8 トラブルについて ピルル 86 181653798393
9 知識と情報 きよほ 86 123566847587
10 話し合い しちみ 85 115763697674



2020年09月の森リン大賞 |  2020年08月の森リン大賞 |  2020年07月の森リン大賞 | 
2020年06月の森リン大賞 |  2020年05月の森リン大賞 |  2020年04月の森リン大賞 |  2020年03月の森リン大賞 |  2020年02月の森リン大賞 | 
2020年01月の森リン大賞 |  2019年12月の森リン大賞 |  2019年11月の森リン大賞 |  2019年10月の森リン大賞 |  2019年09月の森リン大賞 | 
2019年08月の森リン大賞 |  2019年07月の森リン大賞 |  2019年06月の森リン大賞 |  2019年05月の森リン大賞 |  2019年04月の森リン大賞 | 
2019年03月の森リン大賞 |  2019年02月の森リン大賞 |  2019年01月の森リン大賞 |  2018年12月の森リン大賞 |  2018年11月の森リン大賞 | 
2018年10月の森リン大賞 |  2018年09月の森リン大賞 |  2018年08月の森リン大賞 |  2018年07月の森リン大賞 |  2018年06月の森リン大賞 | 
2018年05月の森リン大賞 |  2018年04月の森リン大賞 |  2018年03月の森リン大賞 |  2018年02月の森リン大賞 |  2018年01月の森リン大賞 | 
2017年12月の森リン大賞 |  2017年02月の森リン大賞 |  2017年01月の森リン大賞 |  2016年12月の森リン大賞 |  2016年11月の森リン大賞 | 
2016年10月の森リン大賞 |  2016年09月の森リン大賞 |  2016年08月の森リン大賞 |  2016年07月の森リン大賞 |  2016年06月の森リン大賞 | 
2016年05月の森リン大賞 |  2016年04月の森リン大賞 |  2016年03月の森リン大賞 |  2016年02月の森リン大賞 |  2016年01月の森リン大賞 | 
2015年12月の森リン大賞 |  2015年11月の森リン大賞 |  2015年10月の森リン大賞 |  2015年09月の森リン大賞 |  2015年08月の森リン大賞 | 
2015年07月の森リン大賞 |  2015年06月の森リン大賞 |  2015年05月の森リン大賞 |  2015年04月の森リン大賞 |  2015年03月の森リン大賞 | 
2015年02月の森リン大賞 |  2015年01月の森リン大賞 |  2014年12月の森リン大賞 |  2014年11月の森リン大賞 |  2014年10月の森リン大賞 | 
2014年09月の森リン大賞 |  (2014年7~8月は未集計) |  2014年06月の森リン大賞 |  2014年05月の森リン大賞 |  2014年04月の森リン大賞
2014年03月の森リン大賞 |  2014年02月の森リン大賞 |  2014年01月の森リン大賞 |  2013年12月の森リン大賞 |  2013年11月の森リン大賞
2013年10月の森リン大賞 |  2013年09月の森リン大賞 |  2013年08月の森リン大賞 |  2013年07月の森リン大賞 |  2013年06月の森リン大賞
2013年05月の森リン大賞 |  2013年04月の森リン大賞 |  2013年03月の森リン大賞 |  2013年02月の森リン大賞 |  2013年01月の森リン大賞
2012年12月の森リン大賞 |  2012年11月の森リン大賞 |  2012年10月の森リン大賞 |  2012年09月の森リン大賞 |  2012年08月の森リン大賞
2012年07月の森リン大賞 |  2012年06月の森リン大賞 |  2012年05月の森リン大賞 |  2012年04月の森リン大賞 |  2012年03月の森リン大賞
2012年02月の森リン大賞 |  2012年01月の森リン大賞 |  2011年12月の森リン大賞 |  2011年11月の森リン大賞 |  2011年10月の森リン大賞
2011年09月の森リン大賞 |  2011年08月の森リン大賞 |  2011年07月の森リン大賞 |  2011年06月の森リン大賞 |  2011年05月の森リン大賞
2011年04月の森リン大賞 |  2011年03月の森リン大賞 |  2011年02月の森リン大賞 |  2011年01月の森リン大賞 |  2010年12月の森リン大賞
2010年11月の森リン大賞 |  2010年10月の森リン大賞 |  2010年09月の森リン大賞 |  2010年08月の森リン大賞 |  2010年07月の森リン大賞
2010年06月の森リン大賞 |  2010年05月の森リン大賞 |  2010年04月の森リン大賞 |  2010年03月の森リン大賞 |  2010年02月の森リン大賞
2010年01月の森リン大賞 |  2009年12月の森リン大賞 |  2009年11月の森リン大賞 |  2009年10月の森リン大賞 |  2009年09月の森リン大賞
2006年9月~2009年8月までの森リン大賞


Online作文教室言葉の森