森リンの丘 森リン大賞の記録


森リンの丘


 


3月の森リン大賞と上位入賞者(小1の部23人中)

▼小1の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。

 


3月の森リン大賞と上位入賞者(小2の部82人中)
▼小2の森リン大賞は、ランキングを表示していません。ランキングの表示は小3から、ランキングと作品の表示は小5からになります。
 


3月の森リン大賞と上位入賞者(小3の部102人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 天下統一をめざした武将 あいねひ 70 74237687690
2 清書・エレベーターの広さをはかったこと たっくん 67 42139586589
3 そつえんしき あいやと 64 28943506679

 


3月の森リン大賞と上位入賞者(小4の部120人中)

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 サバイバルシリーズではおどろくことがいっぱい! ああゆみ 75 77344657489
2 春を見つけたこと あいねわ 73 73339577884
3 雪で遊ぶと楽しすぎる あうれよ 72 104441577290
4 姉はおどろかせない マカロンピョン 72 65048517090
5 春はどこから? プリエ 70 78642656879
6 誕生 あずき 70 68844556580
7 みらいのテレビ 金メダル 70 66947515989
8 うんがいいことは あやポケ子 68 53944445987
9 ぼくの生まれた時 ヨーヨ 67 91344465884


3月の森リン大賞と上位入賞者(小5の部149人中)


産まれたての私
あうあゆ
「ゴボゴボゴボ。」とお母さんの腰がひっぱられる感覚と共に、「オギャーオギャー。」と元気よく六月十三日に産まれてきました。お母さんは、帝王切開で私を産みました。赤ちゃんは、しわくちゃで赤くて小さくて、まるで子ザルのようでした。私は、二四六〇グラムの小さな赤ちゃんでした。そのとき赤ちゃんを見て先生が、「ちょっと小さかったかな。産むの早すぎたかな。」と言ったそうです。おしっこやうんこなど、お腹の中のものが出たら二二〇〇グラムとさらに小さくなってしまいました。お兄ちゃんと五〇〇グラムしか変わらないのに、すごく小さく感じたそうです。看護師さんに「カンガルー育児をすると赤ちゃんが安心してすくすく育つんです。」と教えてもらいました。はだかの赤ちゃんをお母さんの胸の上にのせて、話したり、なでたり、歌を歌ったりすると成長が早くなるそうです。赤ちゃんをのせると、柔らかくてふにゃふにゃでお母さん自身もいやされたそうです。産まれたとき私は小さかったけど、しっかりした赤ちゃんだったそうです。一日一回、私をお風呂に入れるとき、お風呂に入るのをいやがって病院中にひびきわたるくらいの泣き声だったそうです。されるがままのお兄ちゃんと違って自己主張の強い赤ちゃんだと思ったそうです。私の名前の由来は、元気に大きく育つようにスポーツ選手からとりました。それはお相撲さんです。私が産まれた年に琴欧洲が、初優勝したので琴欧洲の琴をとって琴美にしました。ちなみに、お兄ちゃんはサッカーの中村俊輔選手からつけました。、子どもは、小さく産んで大きく育てるとよく言います。その言葉通り私はすくすく育って、今ではクラスで後ろから三番目です。赤ちゃんの頃からお父さんとお母さんの愛情をたっぷり受けて大きくなれたと思います。小さい子を見て、「がんばれ。」と心の中で応援しました。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 産まれたての私 あうあゆ 79 76944718992
2 合格 あんみつ 74 65943777579
3 いつもおいしすぎる給食 ああての 73 99943467287
4 あげパンじゃんけんドキドキ 毛利元就 73 100538566583
5 いろんな初めて m u m u 73 79743486380
6 ハエはきたないけどすごい わのき 72 66552516290
7 スパゲッティが一番 紫式部 72 152344536087
8 清書 あいゆう 67 47641585686


3月の森リン大賞と上位入賞者(小6の部133人中)


違和感を探れ!!
早雲
 科学界では、新しい説が考えられて古い説が消えていくことがくりかえされる。新しい説を生み出すには主に二つのことが重要だ。一つ目は、古い説にこだわらないことだ。そして二つ目は、自由な心で科学を論じることだ。
 僕は去年、科学館で「火星大接近」の講演会に行った。講演会では面白い話ばかりだったが、その中でも最もおどろいたのが一九三七年の出来事だ。当時、H.G.ウェルズが書いた「宇宙戦争」という小説がイギリスで大ヒットしていた。火星の宇宙人が地球に攻めてくる、というストーリーだ。それが後にアメリカでラジオ放送された。そのラジオ放送がまるで本物のようで、聞いている人々がニュースと勘違いして大パニックがおこったそうだ。それが僕には信じられなかった。なぜなら、ほんの八十二年程前に火星人がいると思われていたということだからだ。その後一九七六年に探査機が火星に行って、ようやく火星人がいないことが分かった。では、なぜ火星人がいると信じられていたのだろう。それには思わぬ誤解がからんでいた。一八七七年に火星を天体望遠鏡で観察したイタリアの天文学者が、火星上にかつて水が流れていたようなあとを見つけた。それが英語にほん訳されたときに「運河」と伝わってしまった。それが原因で、火星人がいて、運河を作るほどの技術や文明を持っていると思われたのだ。もし僕がその時生きていたならば、火星人が存在する根拠などを調べあげて、この情報が正しくないと分かっただろう。
 現在と昔ではけがをしたときの手当の仕方は違っていたらしいので、母にその当時のことを聞いてみることにした。母が子供のころはけがをすると消毒をして、ばんそうこうをはっていた。すると、そのうちに化のうしてしまい、ぐじゅぐじゅになり、よけいに痛くなったそうだ。だから母は手当の仕方がおかしいと思い、けがをしてもばんそうこうをはらず、自然のまま放置してかさぶたができるのを待っていた。そうした方が、うむよりはるかにましだったらしい。現在では人間の自然治ゆ力に着目して、傷口を水で洗い流し消毒をせず、傷をしっかりおおって体液を保ちきれいに治す湿潤りょう法が主流になっている。
 普段過ごしていると、当たり前にされていることに、ふと違和感を覚えたり、疑問を感じたりすることがある。「つかっているくわは光る」というように、この違和感を大切にして、常に自分で考え続けることが重要だと分かった。そのように考えることでわくにとらわれず、広い視野でものごとをとらえることもできると思う。たとえば今、新鮮なレンコンからでる白い糸はムチンと言われている。しかし、他のムチンと違って空気に触れるとなぜ糸状になって残るのかという疑問がある。その疑問からまずは考えていきたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 違和感を探れ!! 早雲 80 114249769284
2 「科学」不思議!! リンゴアイス 80 108643698886
3 失敗はおいしいのもと パイナップル 80 102839698790
4 手作りの料理 ピンクレモン 80 99046737780
5 大変で見かけによらない料理 あいりす 79 149842639381
6 はじめチョロチョロ中パッパ スライム 79 137547598587
7 おいしい料理を目指して 澤田龍之介 79 94439617887
8 自分で答えを あうみか 79 105041657283
9 いろいろなチャレンジ マーガレット 77 91438557990
10 レッツ料理 さとタン 76 76841638583

 

3月の森リン大賞と上位入賞者(中1の部95人中)


昔話から学ぶ
らるせ
 私は、「かさじぞう」や「浦島太郎」などたくさんの昔話から、人や動物・物への気遣いや優しさを学んだと思う。人ではないからといって、悪者扱いするのではなく、人と同じように接する優しさを学んだと思う。これは、お話の中だけでなく、今も私達が行うべきであると思う。今、動物を飼い始めたけれど、やっぱりいらないといって、どこかにその飼っていた動物を捨ててしまう人がいると、ニュースで聞いたことがある。それらの動物は、人を怖がったり、怯えていたりしているとも聞いたことがある。それらの動物を保護するために、たくさんの保護施設が建てられている現状を聞いたり、写真や映像を見たりして、この人達には、気持ちというものが無いのだろうかと思った。動物の気持ちになって考えれば、捨ててはいけないことぐらい分かるはずだ。また、自分で飼い始めたのだから、もっと自分に責任を持って、お世話して欲しいと思った。また、父のお友達が、このように捨てられてしまった犬を飼っていることもきっかけに、保護施設を調べてみたことがある。ある保護施設のホームページには、捨てられてしまった、たくさんの犬の写真があったことを今でも覚えている。その犬たちは、すごく可愛いのだが、やはり人間たちを怖がっている様子がカメラへの目線で分かった。私は、このホームページを見てから、動物や物への思いが変わったと思う。このホームページを見る前に、私はハムスターを飼っていた。そのハムスターは、私があまりに雑な扱いをしてしまったため、1年くらいで死んでしまった。そして、ホームページを見て、私は動物への思いが変化したのだ。だから、今飼っているハリネズミは、前にハムスターを飼った時の事を二度と繰り返さないように、大切にお世話をしている。
 父はいつも、こんなことを言う。「北風と太陽」の太陽になりなさい、といつも言う。これには二つの意味がある。一つ目は、力の強さとは、≪物理的なものだけではなく、温かさを持って接する≫ことで、人を動かすことができる。という事と、二つ目は、その場に応じて≪柔軟な対応≫をする必要がある。
ということだ。父が言う事には、この二つの意味が込められている。つまり、臨機応変に対応しなさいと父は言いたいのだと思う。臨機応変に対応する事は、何に対しても大切であると思う。いつもいつも真面目に接していたらつまらないし、自分自身も疲れてしまうと思う。そのためにも、臨機応変に話したり、行動したりすることは必要であると思う。私は、この言葉を胸に刻んで、そして、太陽になって過ごしていきたいと思う。
 人間にとって、昔話とは、生きる上で最も大切なことを教えてくれるものであり、生きる力を与えてくれるものであると思う。これからも、日本の昔話に限らず、外国の昔話も読んで、心を豊かにし、そこから学んだ事を次に生かせるように過ごしていきたいと思った。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 昔話から学ぶ らるせ 84 119658636683
2 間違いを覚えること らよあ 82 103053597392
3 あるがままの道も大事 あいつつ 81 123849819596
4 たくさんの努力 ああるそ 81 129147768384
5 努力すると喜びを得る 若林初菜 79 1239417910786
6 塵も積もれば山となる あいむの 79 101142769577
7 調理実習 らあき 79 125747608687
8 ガンバッター おむれ 79 126042718583
9 がんばったこと 梯 太郎 77 1141438710784
10 昔話と文学 ああおよ 75 76451586787

 
★1位の作品は、要約の部分が多かったため代表作品にはなりませんでした。
3月の森リン大賞と上位入賞者(中2の部67人中)


狂気の活用
えり花
「これから試合を始めます。」
ボールが高く飛んだ。それに向かって、私は必死に手を伸ばす。バスケットボールの試合が始まる時、どちらのボールでスタートするかを決めるのがジャンプボールだ。そしてジャンプボールは、各チーム一人のジャンパーが行う。私は、最近、そのジャンパーに選んでもらうことが増えてきた。ジャンプボールの前の緊張感はすさまじい。そして、それとともに、これから始まるゲームに対してのワクワク感が同時に襲って来る。私は、興奮しエキサイトするパワーが人間には必要だと思う。
 その理由は第一に、人は気持ちを高め興奮すると、集中力が高まり、何かを成し遂げる可能性が高まるからだ。例えば私にも、そういう経験がある。それは、私が今行っている部活動であるバスケットボールの試合の時のことだ。私は、練習試合でももちろん緊張するのだが、特に公式戦の時は、まるで全校生徒の前で何かを発表するときのようにドキドキし、手には汗が浮かび、足は震えてしまう。また、私は最初のジャンプボールの担当なのだが、ボールが宙に上がる瞬間には、緊張はマックスになる。しかし一旦試合が始まると、その緊張はどこかに飛び去ってしまい、集中力が高まって行く。試合の中盤から終盤にかけては、感情が高ぶってくる。その時はプレーのスピードが増し、点を取る感覚も短くなっていくのだが、代わりに、ファウルやミスも増えてしまう。きっとこういう場面で、緊張しながらもどこか冷静になれたら、ミスが減りプレーの質が上がるのだろう。実際に私の部活の部長などは、試合の大事な局面においてもミスやファウルは少なく、落ち着いてプレーしている。だから私は、先輩のように、試合の最中に興奮と落ち着きを両方持てる選手になりたいと思った。
 そして、その理由は第二に、興奮しエキサイトすると体も心もポジティブになり、気持ちも盛り上がるからだ。例えば私は音楽を聴くことが好きなのだが、歌うことも好きだ。特に好きなアーティスト、例えばバックナンバーやゆずなどの曲を歌うと、もし落ち込んでいても気分が上がり、やる気が出る。実際に、十代女性のストレス解消法の一位はカラオケだというデータがあるように、人間は歌を歌って気分を上げ、決まり切った日常を少し変化させようとするのかもしれない。例えば私が友達とカラオケに行った時は、二人とも好きな曲をたくさん歌い、かなり盛り上がるカラオケとなった。このように人間は、気分を盛り上げることで、自分のストレスを解消しようとするところがある。私は、私なりのストレス解消法や日常を変化させる方法をこれから探ってみたいと思った。
 確かに、冷静かつ客観的に物事を見た方が失敗が少ないという意見もある。しかし、「行動するためには、多くのことに無知でなければならない。」という名言があるように、何かを成し遂げるためには、失敗をも恐れずに進む狂気も必要だ。だから私は、人間には興奮しエキサイトするパワーは必要だと思う。
 これから私は、何かを成し遂げる時には、冷静さは持ちつつも狂気も活用していこうと思った。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 個性を出すこと honeysnow 88 126661787589
2 狂気の活用 えり花 86 127553788290
3 淡泊のその先に サーサ 86 197456678089
4 自分だけの能力 濵口果那恵 85 149756738287
5 たしかブレーズ.パスカル あうさほ 85 123254657193
6 狂気の安全な扱い方 らよろ 84 121452778686
7 日本人の「謙虚さ」 テオ 80 108143747287
8 狂気 あえあく 78 130346708987
9 コミュニケーション あいあき 77 82157626596
10 謙虚はでいることは大切 (清書) リヨーシャ 76 79546607087

 
★1位と2位の作品は、要約の部分が多かったため代表作品にはなりませんでした。
3月の森リン大賞と上位入賞者(中3の部56人中)


遊ぶということは
イクラ
 「これを執筆ノートにしようよ。」
今から、四年前の小学四年生のとき、クラスメート三人で教室の後ろでまるで、誰からも聞かれたくないようにヒソヒソと話していた光景が今でも目に浮かぶ。あの頃の私には、夢中になっていた遊びがあった。それは、物語を書くということだ。仲の良いクラスメートと始めたその創作遊びは、かけがえのない思い出となっている。
 確かに、子供は遊びを通して多くのものを体得するという意見がある。幼稚園や保育園・小学校高学年までは、集団の中で一緒に遊ぶことが多く、毎日の日常が遊びであったりする。しかし、その遊ぶという行為によって子供は多くのことを学んでいるのだ。想像力や表現力、瞬発力や運動能力や好奇心・・・色々なことを子供は遊びを通じて吸収する。例えば私も、小学校四年生の学校の友達ととても楽しい遊びをしていたことを覚えている。私は、その頃、「ハリー・ポッター」というファンタジー小説を愛読していた。ある日、仲の良いクラスメートとその小説について話し合っていたところ、突然、
「ハリー・ぽったーシリーズの続編を書こう」
という話が持ち上がってきた。そして、私を含める三人は、
「書こう!書こう!」
とその場の勢いに任せて続編を書き始めることにした。私達は、マス目もドットも何も入っていない無地の白色のノートを購入して、一週間ごとのサイクルでそのノートを三人の中で回していった。真っ白な紙は、私達に多くの可能性を持たせてくれた。その続編の内容は、自分が書いた話の続き8がどうなるかは分からないし、自分が書き始めるまでの物語にどんな展開があるかは分からない。私たちは、あえてどのような物語にしていくのかを相談せずに書く順番が回ってきたときにそれぞれが自由に思いつくままに書いていった。その創作遊びは、私にとってとても楽しいことだった。文章や言葉遣いが幼稚だったり三人で書いていることもありストーリーにまとまりが無くても、私たちにとっては、そのノートと書いていた時間は、まるで夢のような時間だった。そして、私はそこで、物語を書くための創造力や表現力、三人で一つの物語を書く上で大切な協調性などを身に着けることができた。遊ぶという行為は人間を大きなものにしてくれると私は、心の中で思う。
 しかし、子供は遊び以外の手伝いや習い事で社会性やマナーを身に着けるという意見もある。私は小さいころから、お習字が得意だった母から毛筆や硬筆を教わった。そのおかげで、母のような美しい字が書けるようにと意識をして鉛筆を持つようになり、小学校一年生の時に担任の先生から字が綺麗と褒められたことは今でも覚えている。イソップ物語「蟻とキリギリス」という話があるように、冬に備えて懸命に働く蟻と目先の楽しいことだけに夢中なキリギリスでは、双方に待ち受ける未来は全く違う物であった。家族の手伝いや家庭の基本を
知ることは生き方の基本になると私は、心の中で思う。
 遊びを通して体得する物も良い、手伝いや習い事で社会性やマナーを身につけるのも良い、しかし、一番大切なことは、沢山の経験をすることである。「子供は大人を小さくした物ではなく、それ独自の価値を持っている」と言う名言があるとおり、子供は子供なりの遊びや家での手伝いによって居場所や役割を獲得する。だから、私はこれから、今まで多くの経験をさせてもらい多くことを教えてくれた家族や家庭を大切にしていくことを決意する。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 子供時代は宝物 なゆの 88 137263697987
2 ホッと一息ついて K・Y 80 123851859284
3 遊ぶということは イクラ 80 142544908690
4 おかしな話 78 85756656587
5 子供の頃の遊び らろこ 76 95354596579
6 理屈と直感 あういさ 71 57252626489

 

3月の森リン大賞と上位入賞者(高1高2高3社の部140人中)


質について考える
あいあけ

 自然に対する人間の働きかけは二つの型に分類される。一方は量についての問題。他方は質についての問題だ。
 世界の対象は量から質に変化しつつある。これまで人間は、量を追い求めそれにより豊かな生活を営みうるに至った。しかし、現在は量を追い求めるだけの生活に歪みが生じている。
 その原因として第一に数値に基づく結果を絶対視する点にある。私は、勉強の成果を確認する際、試験の点数のみで評価する傾向にあった。日本の受験制度においても筆記試験で評価を出す学校が大多数である。
 しかし、個人の能力は必ずしも点数だけで計ることはできない。私は、大学受験で行った面接試験で不合格の結果を下された経験を通して学ぶことができた。このように、人が評価を下す際にはあらゆる面を考慮しなければならないのだ。
 第二の原因は、物事の質を軽視する態度にある。現在、日本国内は働き改革として労働時間を見直す流れにあるが、少し前まで残業は当たり前のように行われていたと耳にした。その時、仕事の達成感を残業時間に置き換えたのではないかと考えた。
 けれども、達成感をいつまでも時間に置き換えては、ミスの多発につながり効率が著しく低下し悪循環に陥る。世界に目を向けると、ごみ問題が環境に悪影響を及ぼすとして課題とされている。生産する者の質に注目すれば、少しでも改善できるのではないだろうか。このように、質を重視する生き方は、私たちにとってプラスの働きとなるのだ。
 確かに量に重きを置く政治は、豊かな国を築き上げてきた歴史を否定することはできない。だが、現在の人々の暮らしをはじめとする私たちを取り巻く環境は大きく変貌を遂げた。この変化を無視し、走り続けるころは無謀であり、いつか必ず行き止まる日が訪れる。だからこそ、質について一度立ち止まって考えるべきなのだ。
 積極的な行動を心がける。今、私のモットーである。浪人生活を経験した十八歳の一年間は、勉強に取り組むだけでなく自分を見つめなおす絶好の機会となった。
 自分を見つめなおすというのは、自分の弱さと対峙し認める行為である。時には現実逃避をしたいとも思った。けれども、この行為により自分に自信を少しもてるようになり、積極的な行動を心がけるきっかけにもなった。
 話題となっている働き方改革についても同様だ。世間は。労働時間ばかりに目を向けているが、本当に目を向けるべきなのは質にある。仕事の質を向上させることで労働時間の短縮にわずかでも貢献できるだろう。
 十九歳の誕生日、母からあるメッセージをもらった。そこには、
 「浪人という一年のブランクは取り戻せないものだけれど、同じ失敗を今後の人生でしないように、目標からぶれることなく過ごしなさい。これからの四年間、自分の殻を破りいろいろなことにチャレンジしなさい。」と綴られていた。一度失敗した人間は、ともすれば再び同じ間違いを繰り返しがちである。このことを肝に銘じ、これからの大学生活と充実したものにしたい。

順位題名ペンネーム得点字数思考知識表現文体
1 質について考える あいあけ 89 127364889587
2 普遍 おしゃべり君 89 162867777893
3 人間味のある生活 あええる 88 120858818797
4 直接的な関りを大切に レモン 88 138261688690
5 子供時代に身に付く基礎 あうほひ 88 115663827892
6 過剰の領域 りすっぴ 87 101063928596
7 物との関わり ゆこぷん 87 114859777792
8 量より質 しろめウサギ 86 15566210510587
9 子供の遊びと一緒にすんな ああけえ 85 12095710310087
10 人間関係は煩わしくない! パンダ 85 152553737886



2019年03月の森リン大賞 |  2019年02月の森リン大賞 |  2019年01月の森リン大賞 |  2018年12月の森リン大賞 |  2018年11月の森リン大賞 | 
2018年10月の森リン大賞 |  2018年09月の森リン大賞 |  2018年08月の森リン大賞 |  2018年07月の森リン大賞 |  2018年06月の森リン大賞 | 
2018年05月の森リン大賞 |  2018年04月の森リン大賞 |  2018年03月の森リン大賞 |  2018年02月の森リン大賞 |  2018年01月の森リン大賞 | 
2017年12月の森リン大賞 |  2017年02月の森リン大賞 |  2017年01月の森リン大賞 |  2016年12月の森リン大賞 |  2016年11月の森リン大賞 | 
2016年10月の森リン大賞 |  2016年09月の森リン大賞 |  2016年08月の森リン大賞 |  2016年07月の森リン大賞 |  2016年06月の森リン大賞 | 
2016年05月の森リン大賞 |  2016年04月の森リン大賞 |  2016年03月の森リン大賞 |  2016年02月の森リン大賞 |  2016年01月の森リン大賞 | 
2015年12月の森リン大賞 |  2015年11月の森リン大賞 |  2015年10月の森リン大賞 |  2015年09月の森リン大賞 |  2015年08月の森リン大賞 | 
2015年07月の森リン大賞 |  2015年06月の森リン大賞 |  2015年05月の森リン大賞 |  2015年04月の森リン大賞 |  2015年03月の森リン大賞 | 
2015年02月の森リン大賞 |  2015年01月の森リン大賞 |  2014年12月の森リン大賞 |  2014年11月の森リン大賞 |  2014年10月の森リン大賞 | 
2014年09月の森リン大賞 |  (2014年7~8月は未集計) |  2014年06月の森リン大賞 |  2014年05月の森リン大賞 |  2014年04月の森リン大賞
2014年03月の森リン大賞 |  2014年02月の森リン大賞 |  2014年01月の森リン大賞 |  2013年12月の森リン大賞 |  2013年11月の森リン大賞
2013年10月の森リン大賞 |  2013年09月の森リン大賞 |  2013年08月の森リン大賞 |  2013年07月の森リン大賞 |  2013年06月の森リン大賞
2013年05月の森リン大賞 |  2013年04月の森リン大賞 |  2013年03月の森リン大賞 |  2013年02月の森リン大賞 |  2013年01月の森リン大賞
2012年12月の森リン大賞 |  2012年11月の森リン大賞 |  2012年10月の森リン大賞 |  2012年09月の森リン大賞 |  2012年08月の森リン大賞
2012年07月の森リン大賞 |  2012年06月の森リン大賞 |  2012年05月の森リン大賞 |  2012年04月の森リン大賞 |  2012年03月の森リン大賞
2012年02月の森リン大賞 |  2012年01月の森リン大賞 |  2011年12月の森リン大賞 |  2011年11月の森リン大賞 |  2011年10月の森リン大賞
2011年09月の森リン大賞 |  2011年08月の森リン大賞 |  2011年07月の森リン大賞 |  2011年06月の森リン大賞 |  2011年05月の森リン大賞
2011年04月の森リン大賞 |  2011年03月の森リン大賞 |  2011年02月の森リン大賞 |  2011年01月の森リン大賞 |  2010年12月の森リン大賞
2010年11月の森リン大賞 |  2010年10月の森リン大賞 |  2010年09月の森リン大賞 |  2010年08月の森リン大賞 |  2010年07月の森リン大賞
2010年06月の森リン大賞 |  2010年05月の森リン大賞 |  2010年04月の森リン大賞 |  2010年03月の森リン大賞 |  2010年02月の森リン大賞
2010年01月の森リン大賞 |  2009年12月の森リン大賞 |  2009年11月の森リン大賞 |  2009年10月の森リン大賞 |  2009年09月の森リン大賞
2006年9月~2009年8月までの森リン大賞


Online作文教室言葉の森