森の編集室(削除修正追加 / /▼ダウンロード /▲アップロード
削除 修正 追加
枝:0=件名、1=先端タイトル、2=章◆、3=節●、4=題名■、5=小見出し▼、51=小見出し▼、52=小見出し●、
6=本文、61=改行、7=テーブル、8=絵図、9=終端タイトル

言葉の森新聞2017年7月2週号 通算第1474号 枝 0 / 節 1 / ID 印刷設定:左余白12 右余白8 上下余白8
  ■1.学力の厚みを育てる高度なゆとり教育
   ●1.コメントより
  ■2.モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、寺子屋教育
   ●1.コメントより
  ■3.教えない教育、自ら学ぶ教育
   ●1.コメントより
  ■4.小学生の勉強は、読み書き計算だけでよい
   ●1.コメントより
 
言葉の森新聞 2017年7月2週号 通算第1474号

https://www.mori7.net/mori/

森新聞
枝 1 / 節 2 / ID
1.学力の厚みを育てる高度なゆとり教育 枝 4 / 節 3 / ID 26231
 勉強のスタイルの違いとして、発表型の勉強と聴講型の勉強とがあります。
 これまでの学校における勉強は、ほとんどが椅子に座って先生の話を聞くという聴講型の勉強でした。
 聴講型の勉強は、居眠りをする人も出てくるし上の空で聞く人も出てくるので、一般に取り組みの意欲が低いのが特徴です。
 この意欲の低さをカバーするために、試験で評価し競争を行うということが行われてきました。
 これに対して発表型の勉強は、参加する人が自然に自分の頭脳を活性化させて取り組みます。
 しかし問題は、基礎的な学力や勉強に対する意欲が伴わない中で発表型の学習を行うと、焦点の定まらないゆとり教育のような形になってしまうことがあります。
 思考発表クラブに参加している子供たちを見ていると、ほとんどの子が積極的に自分の作品を発表し、他の人の発表に対して質問したり感想述べたりしています。
 発表している作品の内容を見てみると、どれもかなり長い時間をかけたことがうかがえます。
 昔の勉強スタイルになれている人が、この子供たちの時間をかけた準備や発表を見ると、もっと能率よくやることが大事だと考えることもあると思います。
 しかし、勉強における能率は、受験のときだけで十分なのです。
 受験期でない時期に能率よく勉強をやろうとすると、それはかえって厚みのない学力を育てることになります。
 子供の本当の学力を育てるためには、厚み、つまり伸びしろのある勉強をしていくことが大切なのです。
 そのために大事なことは三つあります。
 第一は、時間の余裕です。
 今の子供たちはいろいろな習い事に追われています。
 しかし、義務感でやるような時間はなるべく制限して、本人が好きなことに熱中できる時間を確保しておくことが大切です。
 第二は、保護者が自主的に主体的に取り組む勉強の大切さを理解していることです。
 詰め込み型の勉強に比べると、主体的に取り組む勉強は時間をかなり取られます。
 しかしその遠回りの時間が、その子の本当の実力を育てているのです。
 第三は、子供の勉強に親が協力的に関わることです。
 教育は、子供と保護者が協力して取り組んでいくものです。
 こういう協力は、親にとっては負担に感じる場面もあると思います。
 しかし、この負担は実のある負担です。あとになれば、必ずこれが価値ある負担だったということが分かるはずです。
 だから、小学校時代は親ができるだけ子供の勉強に関わるような形でやっていくことです。
 そのときの親の関心は、成績ではなく、勉強の中身に向けていくことなのです。
 これからの勉強の理想は、このような高度なゆとり教育になっていくと思います。
 こういう発表型の勉強をする一方で、その発表を支える基礎学力を育てるために、家庭で自学自習の勉強スタイルを身につけていくといいのです。
枝 6 / 節 4 / ID 26232
作者コード:
 
枝 61 / 節 5 / ID 26265
1.コメントより 枝 5 / 節 6 / ID 26233
・子供たちが、作文の構想図を書いたり、算数の似た問題を作ったりするときに、そこにカットを描いたり、色を塗り分けたり、俳句を添えたりという余分な工夫をしていることがよくあります。
勉強の能率から考えれば、そういう飾りのようなものは不要だということになります。
しかし、実はそういう余分に思われるものこそ、その子が勉強を楽しんで取り組んでいる証拠なのです。
勉強をノルマのように考える子と、主体的に取り組む遊びと同じように考える子との差は、学年が上がるほど大きくなってきます。
・低学年のときに勉強がよくできているのに、学年が上がるとだんだん伸び悩んでくる子がいます。
そういう子に共通しているのは、ノルマ型の勉強をしていることです。
勉強を楽しむのではなく、与えられたことを次々とこなしているだけなのです。
ノルマ型の勉強は、受験のときに割り切ってするものです。
小学校低中学年の間は、勉強に主体的に取り組むという姿勢が大切なのです。
枝 6 / 節 7 / ID 26234
作者コード:
2.モンテッソーリ教育、シュタイナー教育、寺子屋教育 枝 4 / 節 8 / ID 26235
 モンテッソーリ教育を特徴づけているものは、教材という方法ではなく、その取り組み方という姿勢の方です。
 モンテッソーリ教育は、個性と意欲と集中力をを育てると言われています。
 それは、そこで行われている学習方法が、単なる知識の学習ではなく、作業的、主体的な学習として行われるためです。
 主体的な学習は、子供たちが、自分の関心のままに集中して取り組みやすいものなので、長時間その学習に熱中することができます。
 その意欲の持続という取り組み方が、その子の個性と集中力を育てる教育になっています。
 しかし、だからといって原始人がモンテッソーリ教育で優れた能力を育てるようになるかというと、そういうことはありません。
 意欲は高いに越したことありませんが、能力や業績として現れるのは、意欲を高さとする三角形の面積だからです。
 その三角形の底辺は知識なのです。
 ところで、シュタイナーは、この知識を、言葉の上だけで覚えたり理解したりする知識ではなく、本人の実態と世界の実態に直接触れる形での生きた知識として習得することを強調しました。
 モンテッソーリ教育も、シュタイナー教育も、教育が人為的な方法で外側の枠組みとして与えられることに対する批判として登場しました。
 意欲も知識も、内部から育つものでなければ、その人の人生にとって生きた意欲や知識にならないということをこの二つの教育は示しています。
 さて、知識は広がりを持つだけではなく、濃淡を持っています。
 その濃淡は、単に個性に委ねられるだけではなく、ある程度共通性のある社会的に重要な知識と軽易な知識とに濃淡を分けることができます。
 その重要な知識を反復して身につける教育が寺子屋教育でした。
 反復教育を、意欲や実感の教育と反対のものだと考える人がいますが、そうではありません。
 知識を底辺とし、上向きの高さである意欲と、同じ知識を上辺とし、下向きの深さである反復の三つの変数が形成する四角形の面積が、人間の能力であり将来の業績になるものです。
 業績とは、自己実現と創造と社会貢献のことです。
 教育には、この意欲の高さ、知識の実感的広がり、そして重要な知識の血肉化という三つの要素が必要なのです。
枝 6 / 節 9 / ID 26236
作者コード:
 
枝 61 / 節 10 / ID 26266
1.コメントより 枝 5 / 節 11 / ID 26237
・これまでの教育は、受験に合格することに単純化されてきました。
それは、社会が工業生産の拡大という流れに単純化されていたからです。
しかし、教育の本来の目的は学校に入ることではなく仕事をすることです。
将来どういう仕事をして生きていくかという準備と土台作りとして教育があります。
ところが、大人自身がそういうライフプランを描けていないので、とりあえずの合格が教育の目標になっています。
しかし、目標が単純化されればされるほど、教育はノルマのようになっていくのです。
・子供たちは、学校で勉強する時間が与えられているので、どの子も同じように勉強しているように見えます。
しかし、義務感で取り組んでいる子と、学ぶ喜びとして取り組んでいる子の差は、実はかなり大きいのです。
時間をかければ、誰でも成績は上がります。大事なのは、成績という結果ではなく取り組み方の姿勢の方です。
しかし、その姿勢は本来、外からの評価にはそぐわないものです。
だから、家庭での勉強観が大事になるのです。
枝 6 / 節 12 / ID 26238
作者コード:
3.教えない教育、自ら学ぶ教育 枝 4 / 節 13 / ID 26239
 小中学校の勉強は、子供にとってもともとそれほど面白いものでありません。
 その理由は、勉強の内容が教えられるものだからです。
 つまり、答えが合っていたら褒められるという勉強なので、やることが誰でも同じになります。
 ある意味で自分を鋳型に合わせるような勉強なのです。
 人間は子供であっても自分らしく生きたいと思っています。
 みんなと同じ正解になって褒められて嬉しいというのは、人間の本来の嬉しさとは少し違うものです。
 むしろ、みんなと違って自分らしいことが面白い、それが上手くいけば更に嬉しいというのが、もともとの人間の性質なのだと思います。
 では、そういう自分らしい勉強をするためにどうしたらいいかというと、第一は、独学で学びやすい教材があることです。
 第二は、自分の勉強を発表する場があることです。
 そして、第三は、その発表を互いに交流できる場があることです。
 やる気のないときの半日よりも、やる気が出た時の1時間の方がずっと多くのものが身につくという実感は多くの人が持っています。
 ○や×をつけてもらうことを動機にするのではなく、自分の興味を動機として勉強していくことが、これからの教育に求められてくると思います。
 思考発表クラブも、そういう自分らしい勉強を動機として学ぶ力をつけていく場にしていきたいと思っています。
 そして、作文教育も、作文が受験に必要だからとか、苦手だからとかいうことことではなく、作文の勉強がワクワクして面白いからという動機で始められるようなものにしていきたいと思っています。
枝 6 / 節 14 / ID 26240
作者コード:
1.コメントより 枝 5 / 節 15 / ID 26241
・ワクワクした勉強をした子は、将来ワクワクした仕事をするようになると思います。
必要や不安や競争を動機にした勉強ではなく、喜びや創造や共感を動機にした新しい価値観の勉強を作っていきたいと思っています。
・昔、自分の子供が言葉の森で作文の勉強をしていたころは、いかに面白い勉強にするかということを考えていました。
役に立つとか、成績が上がるとかいう以上に、この面白さが大事なのだと思います。
枝 6 / 節 16 / ID 26242
作者コード:
 
枝 61 / 節 17 / ID 26267
4.小学生の勉強は、読み書き計算だけでよい 枝 4 / 節 18 / ID 26243
 小学生のお母さんから、よく、「理科や社会はどういう勉強をしたらよいか」と聞かれます。
 私の返事は、「理科や社会は学校でやっていれば十分」です。
 学習塾や通信教育などで勉強すると、国語や算数だけでなく、理科や社会もついてきます。
 どうせ勉強をするならバランスよく全教科やる方がいいという考えもあります。しかし、小学生のうちに時間の余裕があるからと言って、与えられたメニューを全部やっていると、学年が上がるにつれて勉強の時間に追われるようになってきます。
 理科や社会は、広い意味で読書の一種ですから、本を読む力さえつけておけば、わざわざ学校の授業以外に勉強する時間を設ける必要はないのです。
 そのかわり、重点を置くのは、国語の読む力です。読む力とは、ある程度難しい文章も楽しく読めるという力です。
 極端に言えば、この読む力さえついていれば、あとは本人がやる気になったときにどうにでもなるのです。
 もう一つは、算数が苦手にならないくらいに、つまり普通か普通以上にできるようにしておくことです。
 というのは、算数はいったん苦手になると、どこから手を付けていいかわからなくなることがあるからです。
 しかし、これも普通に勉強していれば特に問題はありません。
 この国語と算数を重点にした勉強で、生活に余裕を持たせるようにし、その余裕の時間で、読書や対話やさまざまな経験をしていくのです。
 小学4年生までは、勉強面で難しいことは何もありません。
 だから、親が勉強をさせれば、誰でも成績が上がります。
 しかし、ここで必要以上に成績を上げても、それはその後の学年の成績には結びつきません。小4までは普通にほどほどにできていれば十分です。
 高学年になって成績が伸びる子は、低中学年で勉強をしていた子ではなく、読書や対話をしっかりしていた子なのです。
▽参考記事
「幼児期の勉強の要は、親子の対話と作文」
https://tinyurl.com/y95rpbqo
枝 6 / 節 19 / ID 26244
作者コード:
1.コメントより 枝 5 / 節 20 / ID 26245
・今の日本の勉強環境は至れり尽くせりなので、その分無駄なこともかなり多いのです。
子供時代に必要なのは、同じ無駄でも、無駄な勉強ではなく無駄な遊びの方です。
無駄な勉強はあとに何も残りませんが、無駄な遊びは子供に多くのものをもたらすからです。
・江戸時代の寺子屋教育の理論面を支えた貝原益軒は、「学問は本、技芸は枝」と言いました。
世の中には、いろいろな習い事がありますが、いちばんの中心は学問です。
そして、その学問の中心は読む力なのです。
枝 6 / 節 21 / ID 26246
作者コード:
枝 9 / 節 22 / ID 26246
 
ホーム