●総合 70 点 

字  数 470 字 思考語彙 41 点  (3 個)
--------------------------------
-0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0-
00-02-04-06-08-10-12-14-16-18-20-22-24-26-28-30-
知識語彙 65 点  (43 種)
----------------------------------
-0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--0--1--1--1--1--1-
00-09-18-27-36-45-54-63-72-81-90-99-08-17-26-35-44-
 表現語彙 67 点  (79 種)
------------------------------------
-0--0--0--0--0--0--0--1--1--1--1--1--1--1--2--2--2--2-
00-15-30-45-60-75-90-05-20-35-50-65-80-95-10-25-40-55-

点数はほかの人の点数との関連で毎日少しずつ変わります。
棒グラフは全作品の分布で、濃い部分は当作品の位置です。 をクリックすると、最新のデータをもとに再計算されます。

【総評】 点数はそれぞれの級の合格ラインの目安です。 20080901 改訂
12級11級10級9級8級7級6級5級4級3級準2級2級準1級1級
総合52点~59点~62点~64点~69点~72点~74点~78点~81点~86点~88点~90点~91点~92点~
相当学年小1小2小3小4小5小6中1中2中3高1高2高3大社大社
合格率95%95%90%90%85%85%80%70%60%50%40%30%20%10%
思考語彙34点~35点~36点~37点~40点~43点~50点~52点~55点~62点~65点~67点~70点~73点~
知識語彙40点~41点~42点~43点~47点~49点~52点~56点~60点~65点~70点~78点~85点~90点~
表現語彙46点~48点~50点~52点~56点~57点~58点~62点~65点~71点~73点~80点~86点~91点~
思考語彙:意見や説明を書く力/知識語彙:難しい言葉や漢字を使う力/表現語彙:多様な実例や表現を書く力
 
  
思考語彙41












































67
知識語彙65
△上の三角形の高さは思考語彙
▽下の三角形の深さは知識語彙
三角形の横の長さは表現語彙
○円の大きさは字数
(円はひし型の後ろに隠れている場合があります)。
【文体】
 ◎文の流れがリズミカルです。
 △もう少し文章の中心をしぼっていきましょう。
 △中間の長さの文がやや少なめです。
 △文の長さの平均がやや短めです。
【語彙バランス】
 説明に比べて、素材がやや多い文章です。(-0点)

△三角形の高さは思考語彙、▽逆三角形の深さは知識語彙、
△▽の底辺は表現語彙、○円の幅は字数。

【文リズム】  (一文中の文節的語彙群の数) ~6個 7~10個 11~14個 15~18個 19個~

0602041008040605110308011008020903


【文の長さのグラフ】 -20字短い文 21-40字やや短い文 41-50字中ぐらいの文 51-70字やや長い文 71字-長い文
22 ろう?
12 1日。
19 です。
41 した。
29 です。
10 ぁ!?
21 した。
14 ガナ。
50 覆面.
1
1
28 した。
34 ッ!!
10 ー!!
34 ろう!
28 はー!
13 ン!!
41 った。
12 った。
1
50
41
41
34
34
29
28
28
22
21
19
14
13
12
12
10
10
1
1
1

【最長の文】 (最長の文は、文章全体の特徴を表しています)
今日は、重大な発表があるから、僕のアシスタントに優しく連れてきてもらったんだ。」 モルガナは、覆面. (50字)
 

【本文】
モ「作者、読んできて、いったい何の用だろう?」
今日は、3月31日。つまり、あと一日で新学期になる日です。モルガナは、寝ていた間に、突如現れた覆面集団によって、乱暴にさらわれていきました。その先で、モルガナが一番驚いたことは、作者がいたことです。
モ「さ、作者ぁ!?」
モルガナは口を大きく開き、叫びました。
ケンモル「やあ、モルガナ。今日は、重大な発表があるから、僕のアシスタントに優しく連れてきてもらったんだ。」
モルガナは、覆面...アシスタントに連れられてきたときのことを思い出しました。
(回想)
アシスタント「おら~、ちょっと兄ちゃん来いや~!」

       グギッ!!(首の骨が折れた音)
「ギャーーーー!!!!」
(回想終わり)
「全然優しくねえー!」
ケンモル「では、早速本題に移ろう!なんと、キャラの世代交代だ!」
「え~!」
「それはー!ダラララララララ、ダン!! 新キャラの、ぺんぺん君でーす!」
それは、まるでペンギンのような、変な生物だった。
モルガナは、(え?吾輩どうなるの?)と思った。
        

原文   森リン ベスト5